Macbook pro 15インチ(2018)のバッテリーが膨張し続けた結果

スポンサーリンク

Macbook battery1

毎度です、えばさんです。

実はもう1年近く前のネタだったりするのですが、2018年後半に購入したボクのMacbook proのバッテリーが膨張してしまった話を投稿しようと思います。

MacbookやiPhoneなどに搭載されているバッテリーが膨張して筐体が変形した、なんて話は見たり聞いたりしてはいましたが、まさか自分のMacbookが・・・。

やたらファンが回るのでスペーサーを入れて利用

ボクの利用環境では動かしているソフトが良くないのかよくMacbookのファンが回っていまして、廃熱がうまくいってないのかなーと思い、吸排気を行っている側面と液晶下に隙間があくように、本体の後ろに1センチほどの箱を敷いて利用していました。

これによって筐体下部に熱がたまらず、なおかつキーボードが少し斜めになるためキータイプもしやすい。と、一石二鳥なんて思っていました。

ただ、この使い方をしているうちに少しずつ違和感があったことも実は自覚がありました。

ある日掃除をしようとしたら

Macbook proは2016モデルからバタフライキーボードを採用しており、これが構造上の問題があるのかチャタリング(同じキーが連打されたような状態)が発生したり、一部のキーが効きにくいという症状が発症していました。

以前2016モデルを所持していたときも同様の症状に悩まされ、Appleのサポートによる無料修理を受けたことがありました。

今回の2018モデルも同様の症状が発症してきたため、またかと嫌な気持ちになっていましたがある日デスクの掃除をしようとMacbookを閉じてみたところ液晶がしっかり閉じない・・・!?

よく見てみるとMacbookの両脇に、あるはずのない隙間が・・・。

Macbook pro 15インチのバッテリー膨張の様子

百聞は一見にしかずです、そのときの様子を写真でどうぞ。

Macbook battery2

Macbook battery3

液晶パネルがこれ以上閉まらなくなってしまいました。

Macbook battery5

裏面の様子です、ネジ止めされた箇所をみてわかるようにパンパンに膨れ上がっています。

そして・・・

Macbook battery6

Macbook battery7

膨らみ続けたバッテリーは筐体の背面パネル(?)を変形させパックリと開いてしまっていました。

ボクはMacbookの下にスペーサーを挟んでいたためにこの変形にずっと気づかなかったというわけです。

Macbook battery8

真横から見るとこんな感じ。

筐体の本来の厚さと同じくらいの隙間ができていました。

Macbook battery9

反対側もこの通り。

なんか色々見えてます。

Macbook battery12

この状態ではトラックパッドの中央付近はすでにクリックできなくなっています。

キーボードがやや山なりになっているのが見て取れます。

Macbook battery10

もっこり。

Macbook battery11

ぱっくり。

Appleに相談だ

このまま使う訳にもいかないのでAppleに修理の相談をします。

Appleのサポートを受けるには公式ページから修理を申し込みます。

Apple の修理と修理状況の確認 - Apple サポート 公式サイト
iPhone、iPad、Mac などの修理を今すぐお申し込みいただけます。Apple 認定の修理は、信頼できる技術者が Apple 純正部品だけを使って行います。

このページから申し込みをすすめるのですが、自分は地方住みでいわゆるgenius barに持ち込むことができないため郵送での修理を依頼する事になります。

Appleのサポートに電話をかけてもらうよう手続きを進めて、電話で修理について問い合わせ・依頼をします。

3年以内のバッテリー不具合は無償修理の対象

サポートの方に状況を説明し、筐体に隙間ができるほど変形している旨を伝えると無償修理の対象であるとの案内を受けました。

シリアルナンバーから購入時期が管理されているので購入から3年以内の発症として確認してもらえたのだと思われます。

ボクとしてはこのような事例で無償修理を受けた事例もネットの記事で拝見していたので、自分のケースでも恐らく無償だろうとは思っていましたが、3年以内という条件があったのでいつまでもめんどくさがって修理の依頼を後回しにしなくてよかったと思いました。

と、いいつつ実は少しめんどくさがってパックリ開いた状態で使っていたのですがね・・・。

依頼から修理完了までの日数

Appleに相談したのが2020年7月5日でした。

Macbook battery23

知っている方も多いと思いますが、郵送で修理に出す場合はAppleがヤマト運輸に集荷の手配をしてくれます。集荷日は最短でも2〜3日後の指定になるようで翌日集荷を期待していると待たされますので注意です。

発送する際は梱包の準備はせず、ヤマトのドライバーにMacbook本体だけを渡します。付属品などは渡しません。

箱への梱包はヤマトのドライバーが行ってくれますので本体をそのまま渡すだけです。

Macbook battery24

最短で集荷の手配をしてもらいましたがAppleの修理センターに到着したのが問い合わせから5日後の7月10日でした。

Macbook battery25

そして修理されたMacbookが発送されたのが7月13日でその翌日に到着しましたので問い合わせした日から9日後の修理完了ということになりました。

戻ってきたよ

Macbook battery15

ヤマト運輸のパソコン宅急便とかかれた段ボールで返送されます。

この段ボールはノートパソコンをうまい具合に梱包されるように設計されていてよくできています。

Macbook battery16

開けるとこんな感じ。

アップルマーク付きのクリアファイルに書類を入れられ、添えられています。

Macbook battery18

修理内容はトップケース(キーボード、バッテリー一体型)を交換したとあります。

2016モデルのキーボード不具合の時と同じ対応なのですが、トップケースに何もかもくっついている設計なのでしょうね。キーボードも新品になって帰ってきました。

戻ってきたMacbook proの様子

新品の時にはついてなかった保護シールのようなものが各所に取り付けられています。

補修部品にのみついているんでしょうかね。

Macbook battery19

ちょっとめくれてるし・・・。

Macbook battery20

Macbook battery21

タッチバーの保護シールです。

Macbook battery22

トップケースがまるっと交換されているのでキーボード周りは新品の様子です。

余談ですが2016を修理に出したときはトップケースの交換に加え、液晶パネルのコーティング剥がれについても依頼したので液晶パネルも新品になって帰ってきました。

初期不良対応とはいえたいしたものですね。

なぜかデータが生きていた

2016モデルの修理の際はSSDは初期化(?)されて新品の出荷状態と同じようになっていましたが、今回はなぜか修理に出す前の状態を保持したまま帰ってきました。

インストールしていたアプリはもちろんのこと、本体内に保存していたデータもそのままですし、デスクトップに置いていたファイルもそのまま。

トップケースを交換となるとロジックボードやそこに付いているSSDなんかも総取っ替えだと思っていたのですが違うようです。

このあたりの扱いはよくわかりません。

対策品に交換されたわけではない

話が前後しますが、Appleのサポートの方に「修理された場合は膨張しにくい対策品に交換されるのですか」と質問してみたところ「対策品への交換ではない」とのことでした。

つまりまた同じ症状が発症する可能性はあるとのことで、一度ここまで膨張したところを見たものとしてはあまり気持ちは良くないですが、再発しない事を祈るばかりです。

購入から3年以内の方はご注意を

バッテリーが膨張してボクのようにパックリ裂けていればわかりやすいですが、少し膨らんだ位ではわかりにくい方もいるかもしれません。

ボクのように斜めに設置するスタンドなどを利用されている方は一度平らなところにおいてキーボードをたたいてガタつくなどの症状がないか確認された方がいいかもしれません。

3年以内なら無償修理を受けられるようですが、ケースによっては8万円程度の見積もりを受けた方もいるようです。

Appleのバッテリー交換の修理代は概ね2万円程度だと何かで見たと思うのですがトップケース交換を伴う機種についてはその限りでは無いのかもしれません。

修理から10ヶ月が経過した今

記事にするのが遅くなったばかりに修理から既に10ヶ月程度の時間が経過しましたが、その後の様子はどうかというと何の問題もなく動作しており、症状の再発は今のところありません。

キーボードのチャタリングも発生しませんし外観からはバッテリーの膨張を感じさせる様子はありません。

もうすぐ購入から3年が経過しようとしていますがまだ買い換えるようなスペックではないと思っているのでもうしばらくは元気に動いてほしいものです。

コメント