Apple 新型MacBook Pro 13インチモデルを発表 13インチ組は買いのタイミング? 134,800円から

スポンサーリンク

Macbookpro2020

毎度です、えばさんです。

ボクも愛用しているMacBook Pro(自身は15インチモデル)ですが、本日新しい13インチモデルが発表になりました。

シザー式のMagic Keyboardを搭載しているほか、上位モデルでは第10世代のプロセッサを搭載、グラフィック性能80%アップ、そして最大32GBのメモリが搭載可能となっています。

スポンサード リンク

KeyBoardに悩まされ続けたMacBook Pro

Macbookpro2020 01

ボク個人の話になりますが、MacBook Proの15インチ2016モデルから15インチ2018モデルに乗り継ぎ利用しているのですが、いずもれもキーボードのチャタリング(キーが連打されるように入力される)問題に悩まされる状況になりました。

実はこれを書いている今もその症状とはお付き合いしています。

また、ESCキーについてはボク自身あまりこだわりはなく、タッチバー上のものでも問題ないのですが、多くのユーザーが物理キーを望んでいたためか、新しいモデルでは物理キーが用意されました。

キーボード問題はシザー式に変更されることで、前述のチャタリング問題に事実上の解決に至ったと思われますし、13インチモデルでは32GBのメモリを搭載されませんでしたが、ついに32GBのメモリを実装できるようになりました。

さらに付け加えるならキーボードのカーソルキーは最新のモデルでは左右のキーの大きさが昔のキーボード配列とおなじになり、ブラインド状態でも操作しやすいものになっています。

タッチバー搭載直後はあれやこれやと問題の多かったMacBook Proですが、ようやく完成度の高まった製品が世にリリースされていると感じます。

とかくキーボードに悩まされ続けているボクはそう思います。

サイズ的に15インチや16インチに手が伸びなかったユーザーもいよいよ32GBメモリ搭載のMacBookを手に入れるタイミングが来たわけですから、買いのタイミングだと睨んでいるユーザーも多いのではないでしょうか。

ちなみに、32GBメモリを搭載した最も安い構成では228,800円(税別)となるようです。

Macbookpro 2020 02

ボクが購入した15インチ、32GBメモリ搭載機では税込み34万くらいしましたのでコストパフォーマンスはいいような気がします。

特に持ち出しメインで自宅では外部モニターに接続して利用するスタイルの方はいい選択かもしれません。

自分が買うわけではないのに、なんだか色々と考えてしまいますね。

ちなみに、現在のお届け予定日は下位モデルが2020/05/12 – 2020/05/13、上位モデルは2020/05/15 – 2020/05/22となっています。

13インチMacBook Pro – Apple(日本)

コメント