2012年5月17日

次期 MacBook Pro 15インチのRetina 解像度は2880×1800 $100のコスト増らしい

スポンサード リンク

Retina macbook pro

MacRumors によると次期 MacBook Pro は Retina Display を搭載することで100ドル(約8,000円)ほどのコスト増となると伝えています。

さらに DisplaySearch のシニアアナリスト、リチャード・ジム氏のインタービューによると「13.3インチ」と「15.4インチ」の高精細パネルが既にサプライヤーから入手可能であると伝えられています。

気になる解像度は

13インチモデル     :2560×1600
15インチモデル     :2880×1800
17インチモデル(仮)  :3840×2400

とされており、一部では17インチモデルは廃止ではないかと言われていますが、ラインナップに加わることがあれば、最も高価なモノになるのは間違いなさそうです。

参考までに現行のMBPの15インチモニターが68ドル、Retina Display の15インチが約160ドルらしく、約92ドル差ということで、概ね100ドルのコスト増となっています。

スポンサード リンク

コメントを残す

TOP↑