2012年9月11日

モバイル派も黙って見てられない!! MacBook Pro Retina 13インチモデルが出荷された!?

スポンサード リンク

macbook-pro-retina-display

おはようございます、 @Ebba_oBL です。

DIGITIMES に掲載されている内容に、アップルの上流サプライチェーンからの情報によると、 MacBook Pro Retina Display 13インチモデルと、新型の iMac の出荷が開始されたと報じています。

12日の Apple 発表イベントにて、新しい iMac の発表が予想されていましたが、さらに MBPR 13インチモデルの発表が行われる可能性が出てきました。

スポンサード リンク

待ってた人も多いのでは!?

_MG_5191.jpg

6月に発表・発売された MacBook Pro Retina Display モデルは、皆さんご存じの通り、15インチモデルです。

その名の通り、 Retina Display を搭載したことはもちろん、光学ドライブを廃止し、薄型のボディと約2kgの重量で、従来の15インチモデルよりも携帯性も幾分かアップしたと思われます。

しかし、携帯性を重視したユーザーは既に MacBook Air という選択を済ませている確率も高く、約1.1kgの11インチ、約1.4kgの13インチ MBA の軽さを体験したものにとって2kgは既に「重い」と言わざるを得ない数値だったと思います。

しかし、13インチモデルが出るとなると、少々事情が変わってくるのではないでしょうか。

15インチ同様のデザインを採用するとすれば、MBRP 13 は確実に 2kg を切ってきます。 MacBook Air 13 の約1.4kg に迫る軽さを実現している可能性は非常に高いと思います。

さすがに11インチモデルと比較するのは、土俵が違ってくると思いますが、MBA 13インチモデルを利用中の人には、新たな選択肢と言って良いのでは無いでしょうか。

また、 Retina Display 対応アプリが徐々に整備されている状況も、購入検討している人にはプラス材料ですね。

気になる解像度は!?

ガジェット速報 さんによる「事前情報」では 2560×1600 との事で、すでに Thunderbolt Display の解像度と同じ。(因みに15インチモデルは 2,880×1,800)

ピクセル密度は 13.3 インチと仮定した場合 226ppi

15インチ同様、スケーリング解像度という解釈で 1920×1200 や 1680×1050 などの解像度相当のスケールでの作業が可能になると思われます。

また品薄になる!?

MBPR 15 発売当時は「発表初日に注文し損ねた」方は概ね3〜4週ほど出荷を待たなければならない状況が続きました。

13インチモデルがリリースされた際には、同様の品薄状態が発生する可能性もあるかと思われます。

購入検討される方は、発表が行われる日本時間13日午前1時過ぎには、意を決して「いつでもポチれる」状態で備えるくらいでちょうど良いかもしれません。

15インチ同様、発表当日から販売するかは不明ですが。

なんだかんだでもう48時間切ってます

次期 iPhone しかり、その他 Apple の新製品の発表を心待ちにしている人は多いと思いますが、この記事を書いている現在、発表まですでに48時間を切っています。

あーだこーだと妄想しているうちに、もう発表が目の前まできていますね。

みなさん、気持ちとお金の準備をw

スポンサード リンク

コメントを残す

TOP↑