ずっとガリガリ体型だったボクがお腹が出て無様な体型になってきたのでダイエットをしている話

スポンサーリンク

Cat gf9c7776d6 1280

毎度でございます、えばさん(@Ebba_oBL)です。

40代半ばまでガリガリと言っていい体型で生きてきたのですが、体質が変わったのか、あるいは年齢的なものなのか、またはその両方かもしれませんがちょっとずつ肉付きが良くなってきたかと思うと、気がつけば無様なメタボ腹を抱えることになっていたのです。

体質が変わった(と思う)

実は体質が変わるきかっけがありました。46歳の冬だったでしょうか、それまでは起きている時の大半はタバコを咥えているような、所謂ヘヴィースモーカーの部類でありました。

平均1日に2箱前後、多い日は3箱目に手が伸びている事もあるような有様で、そんな生活を続けた結果ボクの体は肺気腫と診断される状態になっていました。

そんなわけで背に腹は代えられず、医者に肺気腫と診断されたその日から気合で禁煙をしたのです。

相当な依存状態だったので気合と根性だけで禁煙するのは正直かなり辛かったです。

禁煙してからもう3年以上経過しているので禁断症状はありませんが、タバコの旨さを知っているのでタバコの匂いがしてくると懐かしく、たまに「いいなぁ」と思うことはあります。

そんなわけでタバコをやめた事はボクの体質を変えるのに十分な理由なのではないかと思っています。

よく言われるのは食べ物が美味しくなるので太るという話ですが、ボクの場合は正直な所タバコをやめたからといって食べ物が美味しくなったとは1ミリも感じませんでした。

ただ、空腹感を感じる事は多くなったような気はします。タバコを吸っていたころはコーヒーとタバコがあればなんとなく空腹もしのげていたような気がします。気の所為かもしれませんが、食べるという機会が増えたような気がします。

昔から大食いではないので食事の量などは変わっていないのですが、お酒を飲む時のアテがだんだん「腹にたまるもの」を選ぶようになったような気もします。

体を動かす機会が減った

タバコを辞めるのとほぼ同じ時期に、仕事関係で体を動かす機会のある唯一の業務がなくなりました。

具体的な話は長くなるので割愛しますが、完全にデスクワークのみになったのもその時期でした。

そんな状態で40代後半を迎え、数年が経過した現在、見事なメタボ腹の出来上がりというわけです。

まさかのダイエットに取り組む

ダイエットという言葉が適切かはわかりませんが、体重を落としたいというよりは「無様なお腹をなんとかしたい」がテーマです。

現状を先に申し上げると、ピーク時(75キロ)よりは体重的には7キロ減って(68キロ)います。

そんなボクが現在やっていることは以下のような内容です。

米を抜く

特にダイエットに詳しいわけではありませんが、家内がダイエットする際にまずやるのがコレだったので真似ています。

とにかく米を食べないことにして、たぶん2〜3ヶ月経過したと思います。

野菜とか鶏肉を多く食べることでなんとか満腹感を得る作戦でやってます。

少しだけ運動してみる

Youtubeでメタボ腹に効く運動はないかと検索してみたところ以下の動画を見つけました。

広い場所でこの動画をiPadで再生しながら一緒にやります。

3分なので気軽にやれることと、簡単な動きなので頑張れる日はこれを2〜3セットやってみます。

気が乗らない日でも風呂に入る前に1セットやることにしています。たまにサボりますが。たまにです。

ただ、コレやるのに広いスペースはフローリングのスペースしかなくて、直接座ったり寝っ転がったりはさすがに体が痛くてキツいものがありました。

お金は掛けない方向でやるつもりでしたが、たまらずヨガマットなる物を買いました。

IMG 0354D

WeMeというブランドのもののようであまり深く考えず、ある程度の厚みがあるもので身長175cmの自分がすっぽあり収まりそうなサイズのもので、黒いもの。という基準で気軽に購入しました。

コレがあるだけでフローリングに直接寝転がっても痛くないですし、肌触りもすごく良いです。

あと、お金使ってしまったので「やらないといけない」という謎の強迫観念が生まれます。

そんなこんなで少しずつ変化していっていると自分では思っているのですが、体重の数値的な変化にお腹のサイズが伴っていないような気もしています。

手足は痩せた感があるのですが…、運動量が足りないのでしょうか。

ちなみにナイシトールなる内臓脂肪をなんとかしてくれる的なサプリを試しましたがあまり効果を感じられず2ヶ月程度でやめてしまいました。もしかしたらコレも続けた方が良かったのかなぁと思ったりもしますが、まぁまぁいい値段するので再開は要検討です。

晴れて昔の腹筋が見えるお腹を取り戻した暁には、また記事にしたいと思いますが何時のことになるやら…、はたまたそんな日は来るのかとやや弱気なオッサンのお話でした。

ただ、お酒はやめられていません(真顔)

コメント