2012年8月13日

Mac で iPhone のスクショなどの画像を瞬時に回転、保存する方法

スポンサード リンク

Mac img kaiten

毎度です、「えばさん」 (@Ebba_oBL )です。

iPhone で写真を撮ったり、スクリーンショットを撮ったりしたものをブログの素材にしようと iPhoto で見てみたら「横向きに撮ったはずなのに!縦!」

「ていうか縦!」

Mac img kaiten20120813 1

「なんで縦 !?」

と言うことにボクは良くなります。皆さんなりませんか?

そんなときに面倒だなー、と思いながら画像編集ソフトを起ち上げていちいち回転させていましたが、もっと簡単な方法があったので、ボクのような誰かに役立てば良いと思いシェアします。

画像を瞬時に回転する方法

とりあえず、 iPhoto などに保存された画像をデスクトップへコピーします。

Mac img kaiten20120813 2

そして、そのままダブルクリック。ご存じプレビューが起動します。

Mac img kaiten20120813 3

そのまま command + L を入力すると

Mac img kaiten20120813 4

はい回転、プレビューを閉じましょう。

Mac img kaiten20120813 5

この通り、回転した状態で保存されました。簡単!これまで画像編集ソフトをいちいち起動していたのがバカバカしくなるほどです。

複数枚あるとチマチマやらないといけない!?

プレビューはまとめて複数枚の画像を扱えますので、まとめて処理してしまうことも可能です。

Mac img kaiten20120813 6

デスクトップ上にあるファイルをドラッグして選択、ダブルクリックすると

Mac img kaiten20120813 7

まとめて読み込まれます。あとは先ほどと同じように左のサムネイルをクリック→ command + L を繰り返せばまとめて処理できます。

Mac img kaiten20120813 8

プレビューアプリ、実はけっこう多機能

実はプレビューは閲覧だけではなくて、ちょっとした編集機能が備わっています。

今回は回転をショートカットキーから行いましたが、ウインドウにも編集用アイコンがついています。

Mac img kaiten20120813 9

比較的直感的に使える機能が多いので、一度じっくりその機能を試してみてはいかがでしょうか。

OS X Mountain Lion App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥1,700

スポンサード リンク

コメントを残す

TOP↑