2012年2月26日

POBox 5.0 がx10(SO-01B)に移植されました

スポンサード リンク

XPERIA NX搭載のPOBoxが移植された

当ブログではお世話になりっぱなしのThGo2の製作者であるThjap氏の手によって、XPERIA NX に搭載されているPOBox 5.0 が移植されました。

x10(SO-01B)用としては後述する、氏のブログにある POBox_5.0 xrecovery と書かれたリンクのファイルをダウンロードし、xrecovery で導入する形になります。

従来の日本語入力システムは「言語とキーボード」でチェックマークを入れてから、入力方法を選ぶパターンが通例ですが、どういうわけかPOBox 5.0はこの工程を行わなくても入力方法に現れるようです。

スポンサード リンク

導入手順

ここではThGo2あるいは、Android2.3.3カスタムロムが導入されている端末であることを前提に説明します。
(要root、xrecoveryが利用可能であること)

Thjap氏のブログより POBox_5.0 xrecovery をダウンロードします。
所感 ~android~ Thjap氏ブログ http://thjap.org/

本体を再起動させxrecoveryを起動し、POBox_5.0.zip をインストール→reboot phone

起動したら、何か日本語入力のできるアプリを起ち上げます。(メモ帳的なものや、ツイッターのツイート画面など)

テキストの入力欄を長押しすると「入力方法」と出ますので、ここでPOBox Touch(日本語)をタップ

これでPOBoxが利用可能となります。

あとは新しい機能を存分に試してみましょう。

スクリーンショットなど

発売日の翌日(厳密には翌々日になってしまいましたが)にやってのけるあたり、デベロッパーの腕前を感じる部分です。有志の対応に感謝しつつ恩恵にあずかりましょう。

追記:2/26 1:30 現在 「ユーザー辞書を開こうとすると強制終了する」という報告の下、Thjap氏が対応に当たられているようです。

追記2:ユーザー辞書問題についてはThGo2 v16のリリースに併せて修正される予定のようです。

追記3:現在まだテストバージョンと言う事で正式なリリースではありませんがv16aに同梱されているPOBox5.0はユーザー辞書の問題が解消されています。詳細は“SonyEricsson XPERIA X10 Custom Rom ThGo2 v16a 導入してみた”にて掲載しています。

スポンサード リンク

コメントを残す

TOP↑