2012年6月23日

【噂】次期 iMac に Retina Display 採用は見送りか!?

スポンサード リンク

iMac 27"at Humac Vejle

毎度です、「えば」 (@Ebba_oBL )です。

Cult of Mac のエントリによると、「5120×2880の解像度を持つディスプレイを作成する事は、簡単な事では無い、現在のディスプレイよりも高い生産コストを必要とする」とし、Retina Display 搭載の iMac の登場にはしばらくの時間を要するのでは無いかと伝えています。

5120×2880は現在の27インチモデルの2560×1440の、縦横ちょうど2倍、解像度にして4倍のサイズという事を前提に書かれています。

あくまでも噂レベルのお話です。

WWDC2012の直後に AppleInsider:Tim Cook CEO、次期Mac Proに関して2013年後半に向けて取り組んでいるとコメント(MAC お宝鑑定団 blog(羅針盤)) – エキサイトニュース という報道もありましたので(タイトルに含まれませんが iMac も開発中とあります)2013年には Ivy Bridge 搭載の iMac が披露されるとは思うのですが、大画面Retina Displayが出てくる事を、みなさん期待してると思われますので、何とも言い難い話ではあります。

ましてや「2013年後半に向けて取り組んでいる」と言うことですから、生産開始時期を加味してもまだ1年開発期間があるとみていいと思います。

ボクのもくろみとしては、現在の MBPR は見送って、Retina Display へのソフトウェア対応が進んだ2013年に発売される Retina iMac をデスクトップに据え付ける。という遠大な野望があるのですが、実際はどのようになっていくのでしょうか。

まだまだこの手の噂は二転三転しそうなので、今後の動向に期待したいと思います。

その前にMBA買い換えるかどうか悩むなぁ…

スポンサード リンク

コメントを残す

TOP↑