2012年6月13日

MacBook Air (2012 mid)がもうまる裸にバラされちゃいました

スポンサード リンク

Mba 2012 repair 20120613 1046 018

WWDC 2012 で発表になった新しい MacBook Air が iFixit にて、もう分解レポートが掲載されています。

Ivy Bridge プロセッサを搭載し、USB3.0 が利用可能になった事と搭載メモリ量が最大8GBのモデルを選択できるようになった新MBA。

メモリは例によってロジックボード直付なので、後からの増設はできませんが購入時に8GBの選択肢が出てきたのは嬉しいですね。

自分的には新しいMBAを購入するなら8GB搭載は必須だと思います。4GBモデルを選ぶなら現状では 2011 mid を安く買う方がコストパフォーマンスはいいのではないかと。価格調査までしてないので、どれ程安いかはわかりませんが。

スポンサード リンク

分解される様をご覧アレ

さて、今回分解されているのは MacBook Air Mid 2012 13インチ 4GB RAM 128SSD モデルです。

2012モデルを判別する唯一の外観の違い。Magsafe2 コネクタ。外観の違いはコレだけだと思います。(底面プリントのモデルナンバーを除けば)
Mba 2012 repair 20120613 1046 016

2011との比較
Mba 2012 repair 20120613 1046 014

ということで、解体ショーのスタートです。
Mba 2012 repair 20120613 1046 012

Mba 2012 repair 20120613 1046 009

フタを開けると半分以上の面積をバッテリーが占めています。
Mba 2012 repair 20120613 1046 007

取り外されたバッテリー
Mba 2012 repair 20120613 1046 004

SSDを外しているところ
Mba 2012 repair 20120613 1046 003

従来機とは端子が異なるようです。サードパーティーから販売されているSSDモジュールは利用できないようですね。既に高価な大容量なものを使いまわそうと考えていた人は、肩を落とす瞬間ではないでしょうか。
Mba 2012 repair 20120613 1046 002

スピーカーを外しているところ。MBAのスピーカーってこんな形でこんな所にあったんですね。考えてみればMBPと同じ位置ですよね。
Mba 2012 repair 20120613 1046 001

排熱ファン。動画を見たりしている時にこいつが回ってるんですね。けっこう気になるくらいの音がします。
Mba 2012 repair 20120613 1046 017

Magsafe側のI/O基盤です。
Mba 2012 repair 20120613 1046 015

いよいよロジックボードが外れました。
Mba 2012 repair 20120613 1046 013

CPUやチップセットが見えます。ていうかこんな小さな基盤が本体なんですよね。何層基盤かわかりませんが、たったこれだけの面積にオールインワンなんて凄いです。興奮しますw
Mba 2012 repair 20120613 1046 011

ロジックボード裏面。オレンジで囲まれたのがメモリ。4GBモデルですからチップ8個で2GB、チップ1個256MBなんですね。
Mba 2012 repair 20120613 1046 010

マルチタッチトラックパッド
Mba 2012 repair 20120613 1046 008

ディスプレイパネルを外したら…
Mba 2012 repair 20120613 1046 006

MacBook Air 解体ショーの終了です。
Mba 2012 repair 20120613 1046 005

中身がどうなってるか見たからといって、どうなるって事はないのですが、ちょっとした好奇心は満たされましたw

あとは自分のMBAを見ながら「ここにアレがあるんか〜?このへんがアレか〜?グヘヘ」とかやらしい視線を向けるようになったら晴れて重症患者です。いいお医者さんを見つけましょう。

そういえば昔パソコン屋で勤務してた時に「トラックパッドを触る手つきがいやらしい」お客さんがいたなぁ…

追記:続いてMBP with Retina もバラされました
MacBook Pro with Retina Display もまる裸にバラされちゃいました 結果、新しいMBP with RDは修理不可能ということらしい

スポンサード リンク

コメントを残す

TOP↑