2012年5月21日

hayakuyuke.jp は ロリポップからさくらのレンタルサーバーへ移転しました

スポンサード リンク

A1130 000198

毎度です、 @Ebba_oBL です。

移行作業はしばらく前に済んだのですが、ようやくサーバー代を支払ったので記事にすることにしましたw

ロリポップからさくらのレンタルサーバへ

以前はロリポップのロリポプランで運営していた hayakuyuke.jp ですが、この度さくらのレンタルサーバ スタンダード
へ移転しました。

@Ebba_oBL は自慢じゃないですが、サーバーの知識が乏しいので WordPress の移転には四苦八苦しました。

まだまだ記事数の少ないサイトとはいえ、それでも飛んでしまったら泣くに泣けないくらいの量にはなっていたので、データベースのバックアップと取り込み作業は慎重にやりました。

本当はその WordPress 引っ越し手順についてもエントリしたかったのですが、途中で何度もうまくいかずに、あーやってこーやって、あーでもないこーでもないとあらゆる手段を行使してようやく完了したので「最短手順」が分からなくなってしまいました(汗)

スポンサード リンク

超ざっくり WordPress 移転方法

ざっくりと説明するならば、MySQL のエクスポートとインポート、それから WordPress 管理画面から行えるエクスポートとインポートを使って、データベースを移行。

その後FTPソフトで /wp-content/uploads にある画像をバックアップ、移転先の同ディレクトリにコピー。

という感じです。かなりざっくりですがw 新しいサーバーでデータを移したwordpressが動き出したら独自ドメインを移転させる手続きをしました。

ドメインの管理はムームードメイン
で行っているので、そちらのネームサーバーの設定で

「上記以外のネームサーバを使用する」を選択し、さくらのネームサーバを設定すれば完了です。

スクリーンショット 2012 05 21 19 48 15

移転効果はいかほど?

移転の目的は重たいWordpressを少しでも高速に動作させたい!この一点です。ロリポップ上での動作でも、通常運営にはなんら問題は無かったような気もしますが、少しでも早くなるなら、見ていただいている読者の方のストレスも多少緩和されるのではと。

移転してみて自分的にはちょっと良くなったと思っているのですが、実際に計測してみないとどうも納得できなかったのでサイト表示スピード測定 | サーバレスポンス時間測定というサイトで計測してみました。

以下が計測結果

ロリポップ ロリポプラン 0.859秒
さくらのレンタルサーバー スタンダード 0.368秒

上記はそれぞれトップページを読み込んだ際にかかった表示時間です。これだけ見ると倍以上早くなっている事になっています。

体感的にはそこまで早くないような気もするのですが、もう金はらっちゃったし、素直に喜んでいいかなw

WordPressで気軽にブログを始めるならどちらもオススメ

先に利用していたロリポプラン
も、今回移転してきたさくらのレンタルサーバ スタンダード
も、Wordpressの簡単インストールというサービスを用意してくれています。その為簡単にWordpressブログを起ち上げる事ができますので、これまで無料ブログサービスなどを利用していた方なども「自分の思い通りのブログサイト」を作り上げたい方にはオススメです。

スポンサード リンク

コメントを残す

TOP↑