2012年2月10日

MacBook Air を購入した Win ユーザーがメインPCにしようと奮闘してみた

スポンサード リンク

遅ればせながらMacBook Air購入しました

実は数日前に購入していまして、このブログ記事も既にMacから投稿していたのですが、記事にするにはある程度ネタができてから、と思いまして若干タイムラグが発生しました。

開封の儀的なものは、既に他のユーザーさんがブログでさんざん行われたと思いますので割愛しますw

購入したのは MacBook Air ’13-inch Core-i5 4GB-Memory 128GB-SSD の13インチのエントリーモデルです。

しかし噂に聞いていましたがコレはやはりグッときますw

おお、そうかそうか・・・そうなのか・・・そうだよな、そうだよ。

よくわからない想いが交錯する瞬間です。

そして購入数日前から情報収集していて、予習はバッチリの初期設定を済ませて、Mac osX の堂々たる起動です。

かつて10数年前、Macintosh performaに憧れたものの、なんの因果かDOS/V屋に就職したばかりに縁のなかったMacがようやく自分の目の前に現れました。

時代は流れてモトローラCPUではなくなってしまいましたが、それでもその昔あこがれたマッキントッシュです。長年windowsしか使ってなかった自分には、期待と不安がいりじ混じって思わず正座してしまうレベルです。

往年のwindowsユーザーがMacにすぐ馴染めるのか?

windows3.1時代からずっとwindowsを使っていて、指折り数えればもう17〜8年はWindowsしか使ってなかったことになります。

OS遍歴だけで言えば、最初に触ったのがNECのPC-8801FA(N88-BASICが起動する画面しか覚えてない)、次がSHARPのX68000(Human68k)、PC-9801も僅かな期間触りましたが、まぁ基本MS-DOSですよね。

昔話は書き始めるとキリがないのでやめますが、X68000触ってる時が一番楽しかったですねw

そんな自分がついにMacintoshに触れる時が来ました。

長く語るとまた分かりにくくなるので、端的に申し上げますと「新しいWindowsだと思えば何も問題ない」ということでした。さすがに機種(OS)依存のキーは慣れないといけないですが、それ以外は直感的に触って問題なく馴染めると思います。

基本 ctrl → command
   alt  → option

という風に置き換える事で、特に違和感なく行けます。あ、そうそう「半角/全角」は「英数」と「かな」で都度切り替えれば、特に問題なく日本語入力も大丈夫です。

OSに慣れるというだけでしたら、個人差はあっても1日あればだいたいのことはできるようになると思います。

これは自分がPCの扱いに慣れているかどうか、ということよりもMacOSがほんとに良くできてるからだと思います。今思う事は、変な先入観なしに触ったほうがより理解しやすいということでした。

ハードウェアのデキがハンパない

PCとしてのスペック、としてではなく入出力インターフェースの部分の話です。
ノートパソコンの特徴として、キーボードとトラックパッドがそれにあたるわけですが、どちらも想像以上の使いやすさで、まずこれに驚かされます。

キーボードは好みの分かれる部分なので、あまり乱暴な事は言えないのですが、もともと深いストロークのキーボードが苦手な自分としては絶妙のキーストロークです。タイプした時のクリック感もまた気持ちのいい感じでキーボード入力が苦になりません。

ブラインドタッチでキーボード入力している分に、正直バックライトはあってもなくても…という感じはしますがw見た目にかっこいいのでこれもまたいい味出してるのではないでしょうか。

トラックパッド(正確にはマルチタッチトラックパッド)については先人のレポートで大変好評な記事を数多く目にしていました。しかし、これまでWindowsを搭載したノートPCのトラックパッドに慣れた試しがなく、結局いつもマウスを使っていたので「まぁ、便利な場面もあるんだろう」くらいに受け止めていましたが、利用してみてその真意が理解できました。

広く大きいパッドもなかなか使いやすいのですが、マルチタッチというところがミソで、2本指、3本指で操作することで操作性がこんなにも良くなるのかと。

確かにこれは絶賛してしまうレベルかもしれません。ネットサーフィンやメール、ツイッターなんかでボーッと遊びたいくらいなら、本当にマウスいらないと思います。
トラックパッド嫌いな自分が言うのだからよっぽどですよw

定番なポイントも勿論感動できます

MacBook Air 購入のレポートでありがちな冒頭のくだりは

・薄っ!
・軽っ!

だと思いますw この点に触れていませんが、箱から取り出した瞬間は自分も当たり前のように発した言葉でした。これ言ったら負けかなと思ってましたがw

このあと「SSD早っ!」というコンボも綺麗に達成しておりますw

それ以外の部分では、あまり触れられていない部分として、内蔵スピーカーが思いの外いい音してる気がします。もちろん外付けのBOSEなんかと比較してはいけませんが、これまで利用したノートPCの中でもトップクラスだと思います。

これはあまり期待してなかっただけに、ちょっと驚きでした。
もう一つ加えるなら、どこにスピーカーがあるのかわからないw
どうもモニターのベゼルあたりが臭いのですが、今のところはまだ特定できていません(;´∀`)

あとは細かい点ですが、電源コネクタがいわゆる差し込みではなくて、磁石でパチッとひっつくんですね。
写真で見る限り小さな端子が4本くらい出ていたと思うので、抜き差ししてると折れるんじゃないかと思っていましたが、そういう心配のある構造ではありませんでしたね、おみそれしました。

Windowsユーザーが早くMacに慣れるために

おすすめという程珍しい施策ではありませんが、まずgoogle日本語入力を入れることです。
Windowsで利用していた方なら尚更、これを入れることで日本語入力の「不慣れによる」ストレスがほぼなくなりますので、是非おすすめしたいです。

次にファンクションキーを使えるように設定します。

システム環境設定のキーボードから

赤くハイライトしている箇所のチェックを入れます。
これでMS-IMEやATOKのファンクションに慣れている方も違和感なく操作できます。

基本的に辞書の利用など、windows版と違和感なく利用できますが、一点だけ。
「手書き入力」がメニューの中にないんですね…、MAC版は使えないのかと思って調べてみたらありました。

アプリケーション→google日本語入力フォルダ と進むとこのように手書き文字認識というアプリで用意されています。これで読みのわからない漢字を入力する局面に出会っても安心です。

Illustratorの拡大ショートカットとぶつかる

キー入力の話ついでに自分が困った事象についても記載しておきます。
自分はIllustratorを利用する際にWindows版でcrtl+スペースを頻繁に利用していたのですが、Mac版はこれを使おうとすると「日本語入力の切り替え」のショートカットとバッティングしているようです。(Photoshopは大丈夫なのに)

これを解消するためにシステム環境設定のキーボードから「キーボードと文字入力」のショートカット

このように「前の入力ソースを選択」と「入力メニューの次のソースを選択」のチェックを外します。

これを行うことでcommand+スペースで日本語入力の切り替えを行う事はできなくなるので、「英数」と「かな」で切り替える癖をつける必要がありますが、Illustratorのショートカットとのバッティングは解消されます。

もっと使いやすくするためにcapsキーとcommandキーを入れ替えるためのフリーソフトなども、巷では好評なようですが、そこまでやってしまうと「Macを操ってる感」が薄れてしまうようでもあり、なんか負けた気がするのでwそれはやりませんでした。

もとより今後MacをメインPCにしようと考えているのでなおさらです。

総評など

細かい点についてもっと記事にしたいこともあるのですが、あまり長くなっても詰め込み記事になって読みにくいと思いますので、ひとまず総評めいたことも、Mac新米の若輩者ながら記述したいと思いますw

いろんな意味でとても良くできていると思います。現状大絶賛していると言ってもいいです。

自分がMacに不慣れであるということと、SSDの残り容量がが若干気になる程度(ほんとに気にしているだけで、まだまだ空いてます)で、不満は皆無といっていいと思います。

13インチのモニターはAirでは大きい方ですが、普段23インチのモニターで作業していたので、狭く感じるだろうと思っていましたが、1440×900の解像度は然程不満のない解像度です。
もちろん文字が小さく表示されてしまうのは免れないですが。

多くの方が言われていることですが、非常に高速に動作する MacBook Air は正直買って良かったと思いますし、これまで購入したPCの中で満足度はダントツです。

これは自分のMacへの憧れを差し引いても変わらない評価だと思います。

今後Macネタも積極的に記事にしていきたいと思います(`・ω・´)

Apple MacBook Air 1.7GHz Core i5/13.3/4G/128G/802.11n/BT/Thunderbolt MC965J/A

新品価格
¥100,325から
(2012/3/31 17:31時点)

Apple MacBook Air 1.6GHz Core i5/11.6/4G/128G/802.11n/BT/Thunderbolt MC969J/A

新品価格
¥87,800から
(2012/3/31 17:32時点)

スポンサード リンク

コメントを残す

TOP↑