2012年5月3日

次期アップル製品に採用されると噂のリキッドメタル。筐体に採用するには時期尚早?

スポンサード リンク

18575553

Business Insider:リキュッドメタルの発明者の1人Atakan Peker博士へのインタビューを掲載 - MACお宝鑑定団 blog(羅針盤)
iPhone 3GのSIM取り出しピン …

Macお宝鑑定団Blog[羅針盤]さんのエントリにて「リキュッドメタルの発明者の一人 Atakan Peker博士へのインタービュー」という記事があげられました。

リキッドメタルといえば昨今「次期 iPhone」や「次期 MacBook Pro」に採用が噂されている金属ですが、上記エントリでは興味深い話があがっています。

リキュッドメタル技術は発展途上にあり、まだ完成された製造基盤が実現されるには数年はかかる

というもので、Appleが製品の筐体として採用してくる可能性が低いのではないかという見解を示されています。

スポンサード リンク

実はもう採用されているものが

トップ画像にもイメージ画像を掲載しましたが iPhone 3G の SIM取り出しピンにリキッドメタルを使用していたということらしいのです。

イメージ画像は iPhpne 3G のソレではありませんが、同じ形状です。もっといえば iPhone4にも同じ物が添付されていましたが、3Gと名指ししている所をみると4のソレには採用されていないということなのでしょうね。

博士はリキッドメタルが採用されるという噂に関しては次のように述べています。

ヒンジやブラケットで採用される可能性はあるかもしれないが、筐体で採用されるためには、あと2~4年はかかるだろうし、採用するとも思えない

Appleがリキッドメタルの技術のライセンス契約を行ったのは事実のようですが、筐体に採用するほど熟成された技術ではないといった事のようです。

ところで、リキッドメタルではなくて「リキュッドメタル」が実際の発音には近いのでしょうか。もっというなら「リキュッドメロゥ」でしょうか。

うーん、リキュッドメロゥ筐体のMacBookでドゥヤァ顔してみたいです。

スポンサード リンク

コメントを残す

TOP↑