2012年4月10日

iPhone5 今度は8〜9月頃発売説が浮上

スポンサード リンク

Iphone5 unibody

BUSINESS INSIDER で報じられたアナリストの話によると、iPhone5は4インチのディスプレイ、アルミ削りだしのユニボディになると言われています。これはこのアナリストが台湾と中国のサプライヤーに足を運んで得た情報だと言います。

同士の話によるといくつかのサプライヤーは6月中に部品生産を開始しますが、これは7月発売を意味するものではない、と言い8〜9月頃発売が濃厚であると加えています。

スポンサード リンク

アルミユニボディの採用によるメリットとデメリット

アルミユニボディを採用することで、「剛性の高さ」と「軽さ」、そして「部品点数を減らす」ことができると同時に、外観からネジ部品が減る為「デザインが向上する」といったメリットがあります。

その反面、アルミ筐体の問題は「電波減衰」と言われているようで、電波を通しにくいみたいです。そのためiPad の3Gモデルには黒いプラスチック部分を設けて対策をしているといいます。

あの黒い部分はそういう意味があったのですね。自分はiPadは持っていませんが、リモコンみたいなデザインだなぁとかマヌケな事を思っていました。赤外線通信なんて付いていないのでそんなはずは無いですねw

IFxit20iPad203G 2 8b63a

発表されるまでが楽しい!?

iPhone5はあーなのかこーなのかと、色々な情報を集めながら妄想している時期が楽しいのかもしれない、とか思い始めています。現行のiPhoneユーザーも気になる方が多いのは当ブログのiPhone5関連エントリーのPVが伸びているのを見てもわかります。

多くの人が期待している次期iPhone。想像を超える物を発表してくれる事を願います。

D24682eb s

The Next iPhone Is Going To Be Amazing, Says Analyst After A Trip To Asia – Business Insider

スポンサード リンク

コメントを残す

TOP↑