2015年4月29日

OS X 標準メールアプリで2つのGmailアカウントを登録すると送信者が入れ替わる現象の対策

スポンサード リンク

connected — may 29 (day 29)

毎度です、 えばさん ( @Ebba_oBL ) でございます。

先日 Mac なお友達から相談されたのですが

自分が送ったメールの返信が嫁のところにくる

という、恐ろしい現象。

なにそれ怖い。

スポンサード リンク

Mac 標準メールアプリでは昔からある現象らしい

ひとまずボク自身は経験が無い話だったので、ネットで色々とググってみたのですが、見つかった情報からすると2012年あたりから同様の事例が確認できました。

当時の OS のバージョンなどは分かりませんが、2015現在、Mavericks 環境である友達の Mac で同様の現象が確認されているあたり、改善されてないっぽい。

というか、結論から言うと Apple が悪いのか Gmail が悪いのかすら良く分かりません。

入れ替わるってどういうことよ

ちょっとややこしい話なのですが、例えば

danna@gmail.com

yome@gmail.com

という2つのアカウントを Mac に登録していたとします。

この状態で danna@gmal.com を送信者にしてメールを作成、送信するとどういうわけか、受信側から見た送信者が yome@gmail.com になっているというのです。

しかも、入れ替わっているのはメールアドレスだけで、送信者名は danna@ に付けたものが使われています。

実際にその状態でボク宛てにメールしてもらったらホントにそうなってました。

ナニコレ!

メーラーとアカウントどっちが悪い!?

まずメーラーとアカウント、どっちが悪いのか確認したかったので、ウェブブラウザで Gmail を使用してメールを送信してもらいました。

すると、正常(danna@ 発信で受信したメールはちゃんと danna@ になっている)に送受信できる事が確認できました。

この段階でアカウントの容疑はほぼほぼ晴れたといっていいのではないでしょうか。

結果として解消した方法

メールの返信が嫁に来るという世にも恐ろしい現象ですが、アレコレと手を尽くし、結果的に正常に戻ったので何をやったたかをご報告して終了したいと思います。

Mac 上の Gmail アカウントを削除して、再度登録

結果、これでお友達の現象は解消されました。

ただ、原因を排除出来ているわけでは無いので、現状はあくまでも復旧作業でしかありません。

gmail アカウントを削除する

Mac acount

Gmail アカウントの削除は 設定-> インターネットアカウント から行います。

削除したいアカウントを選択して、下の「-」ボタンをクリックすると削除できます。(いくつか確認窓が開きますので適宜進めて下さい)

再登録は、逆の手順で 「+」ボタンを押し、右側の Google を選択して Gmail を再度登録し直します。

再発防止の為にメーラーを変更してみては

一応のところ復旧はできたものの、前述の通り発症するトリガーが分からない以上、再発する可能性があります。

Gmail の送受信にどうしてもメールクライアントアプリを使いたい場合は Thunderbird などの他社メーラーに変更する方が精神衛生上よろしいかも知れません。

因みに今回問題が発症した友達には Thunderbird を薦めたところ、採用することになりました。

無料メールソフト Thunderbird

タブや高速全文検索を備えた多機能メールソフト Mozilla Thunderbird なら、大量のメールも効率的に管理できます。優れた安全性と拡張性でビジネスシーンにも最適な、Windows/Mac 対応の無料メールソフトです。スケジュール管理アドオンも提供。

www.mozilla.jp

Thunderbird 導入について、少々つまずいた点があったので、別途記事にしました。

Gmail を Thunderbird で使う際にやっておくべき2つの前準備

毎度です、 えばさん ( @Ebba_oBL ) でございます。 先日書いた記事 OS X 標準メールアプリで…

hayakuyuke.jp

スポンサード リンク

コメントを残す

TOP↑