2014年4月29日

Haswell Refresh ってなんぞ!? MacBook Air mid2014 が Apple Store に登場!! 価格も最大5,000円程度値下げ!!

スポンサード リンク

Mba 20140429

毎度です、 @Ebba_oBL です。

Apple は MacBook Air のラインナップをサイレントアップデートし、Hasswell Refresh 搭載の mid2014 モデルを Apple Store にて既に販売を開始しています。

Mba 20140429 001

MacBook Air – ノートパソコンの購入 – MacBook Airの購入 – Apple Store (Japan)

2013 モデルと比較して4,000円〜5,000円の値下げとなっており、購入を検討していた方には嬉しいアップデートとなりました。

11inch:128GB   93,800→ 88,800(▲5,000)
11inch:256GB  112,800→108,800(▲4,000)

13inch:128GB  103,800→ 98,800(▲5,000)
13inch:256GB  122,800→118,800(▲4,000)
(税抜き価格)

スポンサード リンク

Haswell Refresh で何が変わるのか

Haswell Refresh は Haswell よりも動作速度が100MHz上昇しただけのプロセッサーで、性能は同じとなっています。

よって2013モデルとI/O周りの機能も同じということになり、直前に2013モデルを購入していた方も然程気にする変更ではありません。ホントにリフレッシュ版て感じ。

4〜5,000円安くなるけど

2013モデルを購入したばかりの方は「性能が(ほぼ)同じでも5000円損した!」と思われるかも知れませんが、日本では4月から増税していますので、増税前に購入した場合の差額は(11インチ128GBモデルの場合)

2013: 98,490円(5%税込)
2014: 95,904円(8%税込)

その差 2,586円と、実は2,500円程度の損で済んでいます。

Retina Display モデルは当分なし?

このタイミングでサイレントアップデートしたということは、来るWWDC2014で 「 MacBook Air Retina Display モデルの発表は無し」と判断するのはまだ早いかもしれません。

MacBook Air の新モデルについては12インチモデルの登場が噂されており、かつて MacBook Pro の Retina Display モデルが従来モデルに追加する形で発表されたように、同様の発表が行われる可能性は否定できません。

MacBook Air の購入を検討されている方のうち、Retina Display へのこだわりがある方はもう少し様子を見た方がいいかもしれませんね。

因みに WWDC 2014 は6月2日(例年通りであれば日本時間では6月3日午前2時頃)に行われる予定となっています。

Apple Store (Japan)

スポンサード リンク

コメントを残す

TOP↑