2012年12月12日

Mac Flash Player 3つの脆弱性を修正するアップデートを手動で適用する方法

スポンサード リンク

Mac flashplayer update20121212 4

毎度です、 @Ebba_oBL です。

米Adobe Systems は11日に、Flash Player の3つの脆弱性を修正するアップデートの配信を開始しました。

最新版では、計3件の脆弱性を修正。脆弱性が悪用された場合、特別に細工されたコンテンツをブラウザーで閲覧した際などに、Flash Playerが不正終了させられたり、任意のコードを実行させられる可能性がある。

 公開された最新版のバージョン番号は、Windows版が11.5.502.135、Mac版が11.5.502.136、Linux版が11.2.202.258、Android 4.x版が11.1.115.34、Android 3.x/2.x版が11.1.111.29。これ以前のバージョンを利用している場合、脆弱性の影響を受ける可能性があるため、Adobeでは最新バージョンへのアップデートを推奨している。

引用元:Flash Playerのセキュリティアップデート公開、3件の脆弱性を修正 -INTERNET Watch

スポンサード リンク

アラートが出ないので手動でアップデートする

ボクの環境を確認してみると、バージョンは 11.5.502.110 でした。Mac 版の最新は下3桁が 136 となっているので、自動で適用はされてないですね。

なんだか気になるので、ここは手動でアップデートを行いました。

環境設定から Flash Player をクリックします。

Mac flashplayer update20121212 5

「高度な設定」タブを開き、「今すぐチェック」をクリックします。

Mac flashplayer update20121212 0 1

利用可能なアップデートが見つかりますので、実行して下さい。

Mac flashplayer update20121212 1

あとはインストーラーの指示に従ってインストールを行います。

Mac flashplayer update20121212 2

お疲れ様でした。

脆弱性を修正するアップデートとなっていますので、早めにアップデートされることをオススメします。

スポンサード リンク

コメントを残す

TOP↑