Apple watchOS 9.0.2 の配信を開始 いくつかの改善とバグ修正

スポンサーリンク

Applewatch os9

毎度でございます、えばさん(@Ebba_oBL)です。

本日AppleからwatchOS 9.0.2が配信開始となりました。

自分もwatchOS 9にアップデートしてからというもの、ヘルスケアのアニメーションがバグったり、細かな不具合が見られることがありました。

今回のアップデートで解消されているか後日確認したいと思います。

また、Series8やUltraを購入された方からはマイクの動作がうまく行かないという声がSNSなどでも見られましたが、今回のアップデートではその点について改善されているものと思われますので、Series8やUltraをご利用の方は早めにアップデートされると良いでしょう。

今回のアップデート内容については以下の通りです。

watchOS 9.0.2
このアップデートにはApple Watch用の改善とバグ修正が含まれます。

Spotifyでのストリーミング中にオーディオが中断してしまう問題
AssistiveTouchを使用している場合に、アラームを削除しても引き続きアラームのスヌーズ通知が届く問題
新規にペアリングしたApple Watchの“ウォレット”と“フィットネス”のデータの同期が不完全な問題
Apple Watch Series 8およびApple Watch Ultraの一部のユーザでマイクの音が途切れる問題

引用元:watchOS 9 のアップデートについて – Apple サポート (日本)

アップデートはWatchアプリの一般ー>ソフトウェア・アップデートから行うことが可能です。

IMG 0291

またアップデートを行うにはApple Watchが50%以上充電されている事、充電器に接続されていること、Wi-Fiに接続されたiPhoneの通信圏内にあることといった3つの条件が揃わないとインストールされませんので注意です。

コメント