iOS メールアプリに脆弱性 近日アップデートで修正される模様

スポンサーリンク

Download

毎度です、えばさんです。

ロイターやCNETなどのメディアでiOSのメールアプリに脆弱性が見つかったと報じられているようです。

アメリカのモバイルセキュリティー会社が顧客が昨年終盤にハッキングされた事案を調査しているうちに
見つかったそうで、この脆弱性を利用したハッキングが少なくとも6件は見つかっているとのことです。

スポンサード リンク

問題を発生させるメールが届くと端末が強制的にリセットされたり正常に動かなくさせ、ハッカーが端末にソフトウェアをインストールすることができてしまうとのこと。

また、iOSの一部のバージョンではメールを受信すると受信者がなにもしなくてもハッキングが開始される例もあるとのことです。

既にAppleはこの脆弱性を把握しており、既に修正済みのベータ版は用意ができているとのことですので、近日修正版がアップデートで実装されるものと思われます。

しかし、個人的な意見ではこんな脆弱性を発見するハッカーも逆に凄いと思ってしまいます。

携帯端末はもはやタダの携帯電話やタブレットにあらず、クレジット決済などにも使える経済的なアイテムの一つでもありますので、ハッキングなどの行為は許されるものではありません。

それにしてもそんなことに注ぐエネルギーを他に向ければもっと有意義な事が生まれるような気がするのですが…。この手のニュースを見るたびに思う事です。

日本国内で被害に合う可能性はどれだけあるかわかりませんが、みなさんも注意しましょう。
海外からのスパムメールが多く届くアドレスなどを利用している方はiOSメールは当分開かないなどの予防は意識したほうが良いかもしれません。

コメント