元気を出したい夜に見てもらいたい「Y・O・Uやまびこ音楽同好会」

スポンサーリンク

毎度です、えばさんです。

若い頃にはロックバンドの真似事などしてみたボクですが、いくつになってもロック魂は持ち続けていたいもの。

しかし、社会人になってからはなかなかそんな青臭いことも言ってられなくなり、忘れかけている熱いものを思い出したい時が時々あります。

さすがに若い頃と同じように振る舞うわけにはいきませんが、ドラマを見ていると時々、若い頃にはあった「熱いなにか」を思い出すことがあります。

今回ご紹介の「Y・O・Uやまびこ音楽同好会」はそんな作品のうちの一つです。

”色んな意味で熱い”売れないロック歌手河野勇作(桐谷健太)を見ていると、自分もなにか前向きに熱くならないといけないような、そんな気分になります。

ストーリー

河野勇作は売れないロック歌手。そんな折、友人の今野優作から、自分の代わりに高校の代理教師になってほしいと頼まれる。勇作は借金の取り立てから逃げられることもあり、名前を“今野優作”と偽って、赴任先の天橋立高校に向かうのだが…。

引用元:「Y・O・Uやまびこ音楽同好会」(国内ドラマ / 2013年)の動画視聴・あらすじ | U-NEXT

現在はU-NEXTで見放題作品として配信されています。
※2020年3月25日時点での情報です。

元気を出したい夜にぜひ見てみてほしいと思います。無料登録して、見るだけ見たら31日以内に退会してもOKです。

↓クリックで配信サイトへ

コメント