2012年9月3日

エディ・ヴァン・ヘイレンが大腸憩室炎の緊急手術 11月の日本公演は来年に延期

スポンサード リンク

Eddie Van Halen

毎度です、「えばさん」 (@Ebba_oBL )です。

ロックギターキッズの間ではギターの神様と崇められる(?) EDDIE VAN HALEN (エディ・ヴァン・ヘイレン)が大腸憩室炎で緊急手術をすることになり、驚きと共に心配を隠せません。

エディ・ヴァン・ヘイレンといえば、ライトハンド奏法やハミングバードピッキングといった新たなギター奏法の生みの親でもあり、有名な楽曲ではマイケルジャクソンのビート・イットでもギターを演奏したことはあまりにも有名ですね。

自身の楽曲でも JUMP は日本のテレビ番組のBGMなどに起用されることも多く、You Realy gao me は、確か車の CM にも起用された事があったのでは無かったでしょうか。

エディ・ヴァン・ヘイレンが大腸憩室炎の緊急手術!回復に半年…11月の日本公演は来年に延期か – シネマトゥデイ

今回の件について同バンドは「エディは重症であった大腸憩室炎を緊急手術した。これ以上の手術は受けないが、完全回復するまでにおよそ4~6か月は掛かる」とコメントを残している。

 そのため、11月に予定されていたヴァン・へイレンのコンサートは、来年に変更することを希望しているようで、どうやら現在はその日程を調整をしているようだ。

引用元:エディ・ヴァン・ヘイレンが大腸憩室炎の緊急手術!回復に半年…11月の日本公演は来年に延期か – シネマトゥデイ

再来月に控えた日本公演でしたが、事情が事情ですし、ファンとしては元気な姿で来日される事を願います。

スポンサード リンク

コメントを残す

TOP↑