2012年8月2日

iTunes をインストールしなおして iOS デバイスとアプリのインストール状況が異なる場合の修復方法【追記あり】

スポンサード リンク

Itunes ios 20120802 1

いいタイトルが浮かばなかったので「ありのまま」をタイトルにしました、「えばさん」 (@Ebba_oBL )です。

どうも最近 iPhone と iPad の同期がしっくりこないと思っていたのですが、よくよく考えたら MacBook Air に Mountain Lion をクリーンインストールした時に iTunes も初期化されているようで、ボクの iPhone や iPad と同期したことをすっかり忘れているようです。

これって iCloud でバックアップを取るようにしておけば、てっきり大丈夫なもんだと思っていたのですが、そうじゃないみたいです。

じゃあ、また同期すりゃいいやと App の同期にチェックを入れて iPhone を同期してみたら、フォルダにまとめていたはずのアプリが全部放り出された

アプリが消えたわけじゃ無いので、まだマシですがホーム画面でちまちまと整理するのは面倒でした。

恐る恐る iPad も同様にやろうと思ったけど

iTunes に接続した段階ですでに iTunes 側に登録されているアプリの数が圧倒的に少ない、このまま同期なんてしたら恐らく iPad の中のアプリが消されてしまうのでしょう。

しばらく考え込みましたが、あっさりと解決しそうな方法が見つかりました。

購入した項目を iPad から転送

iPhone や iPad を PC に接続すると iTunes のサイドバーにそのデバイスが表示されると思いますが、そいつを右クリックすると、購入した項目を ○○の iPad から転送という項目が現れます。

Itunes ios 20120802 2

操作はたったこれだけです。

あとは iPad (もしくは iPhone )にインストールしたアプリが iTunes に読み込まれます。ちなみに「購入した」とありますが、有料か無料かは関係ありません、インストールしたアプリが対象になります。

このあとはいつものように同期なども問題無く行えるようになりました。

未だに iTunes の「同期」とか「復元」とかは慎重に扱わないと間違えそうです。

訂正:追記します

この記事を書いた後でアプリの同期を行ったら、やっぱりフォルダにまとめていたものが放り出されました。アプリが消える事はありませんでしたが、フォルダにまとめている状態は認識されないのかなぁ…。

しかたなく整理しなおしました。

スポンサード リンク

コメントを残す

TOP↑