2012年6月25日

iPad を携えて外出もする粋なシルバー集団「コンピューターおばあちゃんの会」

スポンサード リンク

Join the technology bandwagon.

6月21日のニュースに 最高齢のパソコン会 孤立せずに生きる術 世田谷 – MSN産経ニュース と言う物がありました。

平成9年に結成。定期的に開催されるパソコンサロンで絵を描いたり、iPad(アイパッド)を携えて外出もする粋なシルバー集団だ。

定年を迎えられてパソコンに挑戦!なんてお話は最近では良く耳にするようになりましたが、「現代ならでは」なのがタブレット端末である iPad 。

考えてみれば高齢の方のパソコンを使ってやりたいこと、の台頭といえば「メール」や「趣味のページを眺めるネットサーフィン」あたりではなでしょうか。

パソコンほど敷居が高くなく、携帯電話ほど細かい操作を必要としない(あるいは省略できる)iPad はうってつけの端末なのかもしれません。

それにしても「粋なシルバー集団」とは…本当に粋ですよ。

両親にプレゼントする親孝行な方も

Apple の公式サイトも「母の日」や「父の日」には iPad を贈ろう、といったキャッチコピーで Store のトップページを飾っていました。

ネット上で見られるブログ記事や、某大型掲示板でも両親に iPad を贈った話は珍しくなく、概ね喜ばれている記事が多いようです。

「年賀状を印刷したい」というデッドスポットさえ突かれなければ、iPad を両親にプレゼントするのは案外アリかもしれませんね。

話はそれましたが、この粋なシルバー集団は「コンピューターおばあちゃんの会」というそうで、平成9年に結成。現在250人の会員数ということです。

ニュースサイトの写真を見る限り「コンピューターおじいちゃん」もいらっしゃるようです。

スポンサード リンク

コメントを残す

TOP↑