2012年5月24日

裸族な自分が新しいiPad にケースを付けました。 ELECOM SHELL COVER for iPad2012 を試す!

スポンサード リンク

Ipad case 20120524 0152

毎度です、 @Ebba_oBL です。

とうとうやりましたよ。

ええ、やりましたとも。

iPad に傷が付きました(涙)

といっても、目立つような大きな傷ではなくて、髪の毛より細いヘアライン傷で、長さにして3ミリ程度。

写真撮影してみたのですが、どのへんが傷なのか自分でも分からないくらいです。でも肉眼ではわかるんです。

キーボードのエッジでやりました

これ(涙)
Ipad case 20120524 0153

デスク上でちょっとiPadをよけた時に、キーボードにコツンとやりました。いや、コツンとガツンの間くらいでしょうか。とにかく当たりました。

しかしアップで撮るとキーボード汚いな(汗)

ちょっと嫌な感触だったので念の為にiPadの裏を確認すると、冒頭で述べたような傷が…。

汚れであってくれ!と何度も擦りましたが消えることは有りませんでした。

背に腹は代えられない、被害を最小限に食い止めよう

先日のエントリiPad(3rd)のケースを見に行ってきましたでお話したように自分は裸で使いたいのですが、こんなに早く傷がついてしまうとは思わなかったので、いよいよ重い腰を上げてアレを買いに行きました。コレ以上傷まみれにはしたくありませんからねー。

ていうか、あの記事を書いたあの日、買っておけばこんな事には…。

薄くて丈夫なアレを購入しました

店頭でしばらく悩みたかったのですが、条件がある程度限られているので、あまり悩むことなく購入してきましたが、実は帰ってきてよく見るまでどこの製品か知りませんでしたw

選定条件は

●色はクリア、iPadの背面デザインをできるだけ損ないたくないから

●予算は3,000円以内程度 でも、ワゴンセールしてる980円のはちょっと心配

●バックパネルだけ保護してくれたらいいので、フロントパネルを巻き込まない物

こんな感じです。

で、購入したのがコレです。

Ipad case 20120524 0140

製品名は「SHELL COVER for iPad2012」となっていますが、iPad2にも対応しています。若干厚みが違うはずなのにどうやって吸収しているのでしょう。不思議です。

Ipad case 20120524 0150

シェルケースに期待する基本的な機能は備わっています。自分は必要ありませんが、液晶保護フィムルが1枚同梱されています。

Ipad case 20120524 0151

ケースのパッケージにはお馴染みの物ですが、紙製のiPadのモック(?)がナニゲに良い感じです。気に入ったので取っておこうと思いますw

Ipad case 20120524 0142

内容物はこんな感じです。
ケース本体とフィルムが一枚。ケースには運搬用の保護フィルムが貼られています。

Ipad case 20120524 0141

スポンサード リンク

装着

そんなこんなで、ちゃっちゃと装着しました。

ツルツルピカピカです。アルミのサラサラボディを撫でるように触れなくなったのは残念ですが、コレはコレでいい感じです。特に新しいうちは光沢があってアップルマークやiPadロゴがまた違った雰囲気で綺麗に見えます。

Ipad case 20120524 0145

純正の風呂フタを付けられるように設計されています。

Ipad case 20120524 0146

スピーカー周りはこんな感じ

Ipad case 20120524 0147

カメラ周辺

Ipad case 20120524 0148

ドックコネクタ周辺

Ipad case 20120524 0149

付けてみた感想など

見た目は気にならないといえば気にならないですし、気になるといえば気になるのですが、「保護している」という観点からはまぁOKかなという感じです。

装着後の感想にマイナスな事はなるべく書きたくありませんが、自分的には「薄い」とはいえ、やはり若干の厚みが出てしまうのと、肌触りが全く変わってしまうのが残念です。

傷のリスクとトレードオフできる範囲なので我慢できますが、裸族はワガママなのです。

ちなみにこのケースはポリカーボネート製なのですが、パッケージに書かれた説明に以下のように書かれています。

電気に対して強く、衝撃吸収も強いのが特徴です。

無着色のポリカーボネートはガラス同等の透明度(可視光線透過率80~90%)を持っているためガラスの代用として使用されることが多く、飛行機の窓や哺乳瓶、双眼鏡などにも使用されています。

コレを読む限り、光沢加減も透明度もそこそこ維持しながら長持ちしそうな気がしてきます。

iPad本体の手触りが感じられなくなったとはいえ、このケース自体の手触りはなかなか良いものです。本体のサラサラした感じからツルツルしたケースの感触は、むしろグリップが良くなったと言えるのは違い有りません。

薄くて軽いと言われるiPadですが、ちょっと手を滑らせればそこそこの外傷を産める重量はありますので、グリップが良くなる事と衝撃吸収の効果が得られる安心は、投資に見合うアクセサリーだと思います。

ちなみに自分はケーズデンキ店頭で2,280円を会員価格10%オフ(2,052円)で購入しましたが、Amazonだったら更に安いようです。

自分が裸族なばかりに回りくどいレビューになっていますが、ケース購入を検討されている方にはオススメのケースです。

ELECOM iPad 2012年発売モデル シェルカバー ハードカバー クリア TB-A12PVCR

新品価格
¥1,680から
(2012/5/24 21:54時点)

スポンサード リンク

コメントを残す

TOP↑