2012年5月9日

台湾部品メーカー「9月に発売される新世代 iPhone 用受注を獲得した」

スポンサード リンク

Ipad mini 2012 3q

DIGITIMES によると 台湾のサプライチェーンメーカーである Pegatron Technology が9月に発売される新世代の iPhone と第4四半期に発売する10インチiPad用の受注を獲得したと伝えられています。

Pegatron Technology は現在、 iPhone 4S , 新しいiPad のOEMです。

さらにこの記事には「8月にリリースされる7インチのiPadが、Foxconnのエレクトロニクス(鴻海精密工業)で製造されています。」と、伝えられています。

スポンサード リンク

まるで決定事項のような話

新 iPhone が9月に発売と言うことで伝えられていますが、現在「秋発売ではないか」と言われているので、概ねこれまでの噂の範囲です。

さらには第4四半期に10インチiPadが出る事や、8月に7インチiPadが出る事が前提になっているお話で、どこまで信用して良いものやら、といった感じです。

ここで言う10インチiPadが、現在の通称「新しいiPad」の事をおおざっぱに指しているのか、別の製品を指しているのかも微妙なところです。(現行iPadは9.7インチ)

The new ipad 第3世代 wi-fiモデル 32GB ホワイト 国内版

新品価格
¥50,000から
(2012/5/9 23:10時点)

スポンサード リンク

コメントを残す

TOP↑