2012年4月17日

Microsoft Windows 8 は4つの製品エディションでリリース

スポンサード リンク

Windows8 metro

米マイクロソフトが4月16日、次期windowsの正式名称と製品エディションを発表しました。

Windows 8 のラインナップは以下の通り

●Windows8       :x86/64版 一般ユーザー向け
●Windows8 Pro     :x86/64版 プロ向け(仕事でWindowsを使う方)
●Windows8 Enterprise :「Pro」にSLA等を追加した企業向け
●Windows RT      :「Windows on ARM」または「WOA」と呼ばれてきたARM版Windows。

Announcing the Windows 8 Editions

スポンサード リンク

プロ向けの解釈が難しい

一般ユーザーは一般用のWindows8を購入すればいいのだろう、と容易に想像は付きますが「仕事でWindowsを使う」の加減がどう解釈すればいいのかという所です。

この場合のとは、大雑把に 仕事=開発 なのではないかと思っていますが、いかがなものでしょうか。あるいは社内ネットワークの利便性が向上したものかもしれません。日本国内向けの詳細な商品情報が公開されればもっと分かりやすいのではないかと思います。Proじゃないと出来ない事が当てはまれば選択の余地もなくなりますが、恐らく自宅PCにインストールするのに適したエディションは無印Windows8ということで問題ないのではないかと思われます。

パーソナル向けに沢山選択肢があるのは正直「どれを買えばいいのかわからない」となってしまうので、Windows8に関しては個人レベルでは悩まなくて済みそうです。

もっとも我が家の場合は新しいOSを動かすためのハードウェアで悩まされそうですが。

スポンサード リンク

コメントを残す

TOP↑