2017年7月23日

マルチペアリングが便利なワイヤレスフルキーボード SATECHI Bluetooth wireless Keyboard レビュー

スポンサード リンク

Satechi keyboard 004

毎度です、えばさんです。

これまで Macbook シリーズを外部モニターに接続して利用してきたボクですが、Apple 純正のワイヤレスキーボードやテンキー付きフルキーボードなどを愛用してきました。

また、出番は多くはなかったものの、iPad の利用時にワイヤレスキーボードをペアリングして日本語入力していたことも。

しばらく前までは Apple 純正のワイヤレスにはテンキー付きのものが無かったため、テンキー付きのキーボードの利用には有線接続が必須でしたが、WWDC2017の翌日よりテンキー付きワイヤレスキーボードも純正で用意されるようになりました。

ちなみに Apple 純正の Magic Keyboard テンキー付きは販売価格 13,800円(税別)とやや高額です。

そこで今回は概ね半額程度で入手できるテンキー付きワイヤレスキーボードをご紹介します。

スポンサード リンク

SATECHI Bluetooth Wireless Keyboard White

Satechi keyboard 001

Apple 純正キーボードの雰囲気を継承しつつコンパクトにまとめられたデザインのキーボード。パッケージもシンプルですっきりした印象です。

Satechi keyboard 003

内容物は簡単な説明書と本体、それと電池です。乾電池は単4が2本必要となります。

Apple 純正 Keyboard と比較してみる

Satechi keyboard 005

手元にあるのは有線の古いものですが、テンキー付きのキーボードです。

キーピッチなどはほとんど変わりませんが、若干レイアウトを変更しており、キーにして1.5個分程度コンパクトにつくられています。

同じ US 配列のキーボードなのですが、Fnキーの配置の都合でスペースキー周辺や Return キー周辺に大きな違いがあるのがわかると思います。

Satechi keyboard 007

キーボードにはほどほどの傾斜がつけられており、そのままでも十分な角度がついている印象です。

Satechi keyboard 010

裏面には電源スイッチと Bluetooth 接続用のボタンがあります。引き出し式の足もついていますので、さらに角度を付けたい方はこれを利用するといいでしょう。

Satechi keyboard 011

前述しましたが単4電池を2本使用します。充電式ではないのでエネループなどを用意しておくと便利かもしれません。

Satechi keyboard 009

裏面の全体像はこんな感じ。純正同様すっきりしたデザインです。

打感などを含む印象など

実際にタイプしてみた感じは手持ちの有線キーボードとほとんど違和感がありません。

ただスペースキーの大きさが随分違うので両脇の command キーを操作する際には若干慣れが必要かと思われます。とはいえ、純正キーボードと併用したりしなければすぐになれると思われます。

本体サイズは純正よりも若干コンパクトにはなっていますが、劇的に小さいとは言えないサイズです。実際に手に取ってみてもお世辞にも「持ち運びに便利」と言えるほど小さいものではありません。

サイズ的なものは純正とほとんど変わらないと認識してかまわないと思います。

また、テンキー付き Magic Keyboard は触ったことがないので打感などについては比較できませんが、MacBook Pro late2016 のキーボードと比較した場合はストロークが深く、反発力についても柔らかく感じるため、打感については大きく違いがあります。

この製品のオススメポイントはなんといってもマルチペアリング

ここまでのレビューでは純正キーボードよりも安いというメリットがなによりといったニュアンスでしたが、このキーボードをチョイスするその他のメリットはマルチペアリングできるところにあります。

複数台の Mac を利用している方はもちろん、タブレットやスマートフォンとも接続できる Bluetooth マルチペアリングですから、これらのデバイスをお持ちでキー入力を多用するアプリを利用している方には非常にオススメのポイントでもあります。

Satechi keyboard 012

我が家の環境では iPad がその対象にあたりますが、外部キーボードを利用してのキー入力はなんといっても楽です。

一度ペアリングが済んでいるデバイスは Fn + 1 〜 4 のキーで切り替えが可能ですので、瞬時に Mac と iPad を切り替える事が可能となっており、既に iPad のソフトウェアキーボードは使う気が起きないレベルに…。

純正のワイヤレスキーボードを複数のデバイスで利用する場合は、都度ペアアリングを解除する必要があるので非常に面倒です。この点においては圧倒的に本製品の方が利便性で上回るといって良いポイントになっています。

難点があるとすれば

デザインもいいですし、マルチペアリングできるのもすごく便利!

大手を振ってオススメしたいところですが、難点があるとすれば US 配列であるということです。

ボクはすでに US 配列を日常的に使っているため、なんの抵抗もなく利用できましたが JIS 配列のキーボードしか利用したことがない方については少し戸惑うかもしれません。

特にキートップに書かれた日本語表示を見ながらかな入力している方にはオススメしがたいものです。

普段は JIS 配列のキーボードを利用されている方でも、ローマ字入力で日本語を入力されている方については、記号の配置などが若干違いますが、しばらく利用するうちに慣れてきますので「マルチペアリングできる利便性」を買って US 配列の利用を検討してみる良い機会になるのではないかと思います。

純正の半額でマルチペアリング!

半額程度の金額でワイヤレス+テンキー付きが入手できるのはもちろん、複数の Bluetooth 搭載デバイスで切り替えながら使えるというのは思った以上に便利です。

現在は Mac と iPad で併用していますが、特に iPad でキー入力したい場面ではほとんどこのキーボードを使うようになり、むしろタブレットや大型スマートフォンを利用している方にはオススメできるのではないかと思うほどです。テンキー付きですのでエクセルなどの数値入力を多様する作業をモバイルデバイスで行っている場合は手放しにオススメできます。

最大4台までペアリング可能となっていますので、たいていのニーズには対応できるのではないでしょうか。

スポンサード リンク

コメントを残す

TOP↑