2015年8月10日

Twitter アカウントのなりすましが現れたので通報して凍結させた話

スポンサード リンク

Yesterday's Call
Yesterday’s Call / Vincent_AF

色々あって超多忙な7月を過ごしていた えばさん ( @Ebba_oBL ) でございます。

なんだかんだでブログの更新はおろか、twitter のタイムラインすら眺める余裕もなく (‘A`) ←こんな顔をしていたら、フォロワーさんから「うちのブログ更新告知用アカウントのまりすましアカウントからフォローされた」という報告を受けました。

このブログの告知用アカウントになりすまして何の得があるんだろうと、正直メリットが良く分からないのですが、フォロワーさんに迷惑を掛けているとあっては放置するわけにもいきません。

とりあえず7月中は通報の手順などを調べる余裕もなかったため、落ち着いてきた8月に入ってようやく手を付ける運びとなりました。

スポンサード リンク

なりすましアカウントは2件出てきた

最初に報告を貰ったのち、数日後だったでしょうか、またなりすましアカウントが出現し、同様にうちのフォロワーさんをフォローしているといいます。

うーん、黙って放置してたらやりたい放題か…さすがにちょっとイラっとしてきました。

まずは1件目を確認

Twitter spam 20150807 1

最初に報告していただいた1件目のアカウントのページがコレ。7月にフォロワーさんの報告直後に確認したものなのですが、とりあえずフォローをかけまくっている状況でフォロー返しを狙っているのでしょう。特にこれといったツイートはしていません。

多分ある程度のフォロワーが確保できたところで、アフィリエイトリンクを垂れ流したりサイトへ誘導するつもりではないかと思います。

で、8月に入って通報してやろうと再びアクセスしてみると…

Twitter spam 20150807 2

既にお亡くなりになっていました。

どのようなプロセスで凍結になったのか分かりませんが、フォロワーさんにはスパム報告やブロックをしていただいていたようなので、それが功を奏したのでしょうか。

とにかく、手間をかけずに解決済みとなりました。

2件目のなりすましアカウントは絶賛稼働中だった

Twitter spam 20150807 7

次に2件目のなりすましアカウントですが、該当ページにアクセスしてみると100名を超えるフォロワーが付いた事で仕事を始めていたようで、それはもうアレな画像とテキストで色々アレでした。

1件目と共通するのはアイコン画像をまるっとパクられていると言うことと、アカウントの名前もhayakuyukeを名乗られています。

ツイート内容はアレなんでモザイクしていますが、普通に日本人が書いた日本語でツイートされていましたので、海外のスパムではなく国内の人間の仕業でした。

ツイート内容からして放置していても凍結されるのは時間の問題じゃないかと思えるほどではありましたが、さすがに気分が悪いので通報します。

twitter のなりすましアカウントを通報する方法

twitter のサポートぺージからリンクをハシゴしていくとサポートページに辿り着くのですが、なりすましアカウントの報告についての専用ページが設けられています。

Twitter spam 20150807 3

https://support.twitter.com/forms/impersonation

上記リンクから通報用のフォームにアクセスできます。

ここでちょっと迷ったのが、問い合わせの内容にある1つ目と2つ目、どちらで通報したものか。

  • アカウントが私、または私の知り合いのふりをしています。
  • アカウントが私たちの会社、ブランド、組織のふりをしています。

一応ボクの使っているアカウントでボクのフリをしていますが、立ち位置としては「ブランド」のフリとなります。ただ、会社や組織かというとちょっとピンとこない…。

で、結局両方で手続きを進めてみたのですが、この場合適切なのは

Twitter narisumasi tsuho

こっちです。

1つめの「アカウントが私、または私の知り合いのふりをしています。」を選択すると本人確認の手続きが必要であるという非常に面倒なメールが届き頓挫しました。

通報フォームの入力

通報フォームに入力した内容などは以下の通りです。画像なのでちょっと見にくいかもしれませんが、特にどのように入力したらいいか迷う所は無いと思います。

ちなみに、住所や電話番号などを入力していますが、twitter社から電話がかかってきたりという事はありません。

Twitter spam 20150807 0

冒頭で英語のページが出てくる可能性があるようなニュアンスだったので、その点がちょっと不安でしたが、終始日本語のページで対応されていますので問題無しでした。

twitter 社より調査を進めるためのメールが届く

Twitter mail 20150810

通報フォームに入力後、送信ボタンを押すと間もなく(数分のうち)上記のようなメールが届きました。

要するに通報している本人が、真にオリジナルの本人である事を証明しろというもの。

今回はブログの更新通知用アカウントである事で非常にやりやすかったのはこの点で、@hayakuyuke.jp ドメインのメールアドレスを使ってコレに返信すれば、それでオリジナルである証明ができるということです。

これがブランドの名称とドメインが異なっていたりした場合は面倒な雰囲気ですね、追加書類をアップロードとか書いてます。めんどいです。

そんなわけで、このメールには hayakuyuke.jp ドメインのメアドから返信しておきました。返信内容的には簡単に

「組織のメールドメインに属するメールアドレスを使用しているため、ご返信申し上げます。宜しくお願いいたします」

といった具合です。

twitter 社から再度メールが届く

ボクが先ほどの返信をしてから、おおよそ7時間後に以下のメールが届きました。

Twitter mail 02 20150810

早い!

てっきり数日は待たされると思ったのですが、わずか数時間のうちに調査を完了し成敗してしまっています。

意外というと失礼かもしれませんが、twitter 仕事早い!

該当アカウントのページを確認してみる

削除したと報告を受けたのでとりあえず該当ページを確認してみることにします。すると…。

Twitter spam 20150807 8

このとおり。無事うちのブログ名を語って良からぬ事を企むアカウントを凍結させるに至りました。

くくり

今回はフォロワーさんが親切に教えて下さったので対処できましたが、正直教えて貰わなかったらずっと放置したと思います。なりすましアカウントの匂いを嗅ぎ分けて早々にご報告くださったフォロワーさんには大変感謝しております。

それにしても、なりすましやってる奴は早々に凍結されそうなものだとは思わないものなのでしょうか。無駄な労力を使っても成果は0、対応するボクもなんの得もありません。

しいて言うならこの記事を書くネタになった事くらいか…(‘A`)

スポンサード リンク

コメントを残す

TOP↑