2015年6月13日

ようやく増えた!twitter の DM で送信できる文字数が140文字から10,000文字へ

スポンサード リンク

A Twitter Banner Draped Over The New York Stock Exchange For Twitter's IPO

A Twitter Banner Draped Over The New York Stock Exchange For Twitter’s IPO / Anthony Quintano

毎度です、 えばさん ( @Ebba_oBL ) でございます。

twitter はダイレクトメッセージで送信できる文字数を従来の140文字から10,000文字へ拡大することを発表しました。7月から実施されるそうです。

参考:TwitterのDMでの文字数上限が7月から140字→1万字に – ITmedia ニュース

twitter のダイレクトメッセージは最近になってフォロー関係になくても誰にでも送信できるようになったようですが(要設定)、今回は文字数制限に関する拡大です。

このダイレクトメッセージの文字数制限についてはボクは以前から疑問に思っていて、twitter の TL に送信する文字数が140文字というのは、そういう制限があるから成り立っているSNSだと理解していました。

しかしDMとなるとアカウント同士の「メール」であり、「ツイート」とは別に考えて欲しいとずっと思っていました。と、まるで切に願ってたかのように書いていますが、たまたま twitter の DM でやりとりをする機会が何度かあった際に、140文字しか送信できないのがイライラしたというだけです。

スポンサード リンク

やっと増えたかという印象

多分、ボクと同じような経験をしたことがある人は少なくない気がします。

twitter の DM でやりとりをするということは、恐らくその相手とはプライベートなコミュニケーション手段が他に無いという状況が予想されるわけで、通常 TL 上でやりとりすればいいものをあえて DM を使うということは少々込み入った内容のやりとりになるのではないかと思います。

というか、ボクの場合はそんな感じでした。

この時140文字という制限が非常にめんどうで、長いメッセージを伝えたい場合、140文字ごとに細切れに送信するので受信している側もどこで話が終わっているのかわかりにくかったり、送信する側は早く続きを送信しなければと焦ったり…。

とりあえずこのような状況は文字数を1万文字に拡大されることで解決しそうです。

技術的なところは妄想でしかお話できませんが、DM の文字数を拡大して多くのユーザーが盛んに利用した場合、サーバーへの負担が大きくなるといった問題もあったのかもしれません。それにしても DM の用途と利便性を考えるともっと早くこのような拡大措置がとられていても良かったのではないかというのが個人的な感想です。

格別画期的なお話かというと、実際そうでもない事ですが、DM まで140文字で制限されてるせいで以前メンドクサイ経験をしました。というグチでした。

スポンサード リンク

コメントを残す

TOP↑