2014年9月10日

Apple 新 iPhone を2モデル用意、iPhone 6 , iPhone 6 Plus を発表!!

スポンサード リンク

Iphone6 6p 20140910

毎度です、 @Ebba_oBL です。

本日9月10日(水)午前2時頃より行われたアップルの新製品発表イベントで新 iPhone が発表され、iPhone 6 と iPhone 6 Plus という2モデル展開になることが正式発表されました。

巷ではすっかり噂になっていたので事前情報でご存知だった方も多いかと思いますが、今回も事前情報通りといった感じでした。

スポンサード リンク

4.7インチの iPhone 6 と 5.5インチの iPhone 6 Plus

新たに発表された新 iPhone 2つの大きな違いは一目瞭然の液晶サイズです。

iPhone 6 とされるモデルは 4.7 インチ、1,334×750 の解像度を持つ Retina HD ディスプレイと称される液晶パネルを搭載します。

一方 iPhone 6 Plus は 5.5 インチで、1,920×1,080という所謂フルHDと呼ばれる液晶を搭載しました。

また、実際に実機を見ないと差がわからない部分ですが、より広い視野角のデュアルドメインピクセルという液晶パネルが採用されているようです。

Iphone6 201409010 0

液晶サイズは大型化されましたが、本体の厚みは薄くなっており、従来の iPhone 5s が 7.6mm だったのに対し、iPhone 6 が 6.9mm 、iPhone 6 Plus が 7.1mm となっています。

ただ、さすがに大型化しましたので重量については 5s の 112g に対し、6 が 129g 、6 Plus が 172g となりました。

32GBモデルは廃止

iPhone 6 より 32GB モデルが廃止され、128MBモデルが追加されました。iPhone 6 , 6 Plus のラインナップは 16GB,64GB,128GBの3種ということになります。

カラーバリエーションは 5s 同様3色

Iphone6 201409010 2

カラーバリエーションは 5s と同様の3色となっており、フロントパネルについてはシルバーとゴールドモデルがホワイトという仕様です。

プロセッサも新しく

iPhone の新モデルが出る毎に性能がアップしているプロセッサですが、今回もよりあたらしいチップが搭載され、64bitアーキテクチャの A8 チップが搭載されます。また、iPhone 5s から搭載されているモーションコプロセッサも M7 から M8 にグレードアップしています。

イベントのプレゼンテーションではゲームのデモンストレーションが行われていましたが、高精細なディスプレイ上でかなり美麗なグラフィックがスムーズに動いている様子はプロセッサの能力を計り知るものでした。

カメラもパワーアップ

Iphone6 201409010 1

画素数やf値については 5s と同等ですが、6 Plus には光学手ブレ補正機能が搭載されます。液晶サイズ以外に 6 と 6 Plus の機能的な違いはこの点のみとなります。(物理的なサイズの違いによるバッテリーの差などは除きます)

2モデル共通の強化事項としては顔検出が強化され、Focus Pixels という新技術を使ってオートフォーカスがより高速になりました。

動画撮影においてはスローモーションビデオの撮影がより強化され、120fpsまたは240fpsでの撮影が可能となっており、スーパースロー映像が楽しめるようになっています。

NFC対応

Iphone6 201409010 3

当面は日本では使えませんが、いわゆるおサイフ携帯を実現する機能です。年内にアメリカで実用になるようですが、Apple Pay という名称で VISA や Amax の決済を店頭の端末に iPhone をかざす事で行う事が可能になります。

現状わかっている決済はあくまでもクレジットカード決済を iPhone で行うというものなので、国内でおサイフ携帯とされるキャリア経由で使った代金を支払ったり、ソレ用に現金をチャージするというニュアンスとはちょっと違います。

Apple ストアの予約注文は9月12日から

iPhone 6 – 新しいiPhone 6、iPhone 6 Plusを予約注文する。 – Apple Store (Japan)

この記事執筆時には既に Apple ストアの公式ページが用意されており、予約注文は9月12日からということになっています。

また、それぞれの日本円価格についても記載があります。

ただしこちらは SIM フリー版ということになりますので、5sの例からすると国内キャリアが販売する価格はこれより若干安い可能性があります。

ちなみに iPhone 6 は67,800円から、6 Plus が79,800円から(各税別)となっています。

まとめ

Apple 公式のリアルタイム配信がとても不安定でたびたび接続の切れる中での iPhone 6 発表となりました。リアルタイム更新されていたブログサイトさんなんかはかなり苦労されたと思います。

あわよくばボクもリアルタイムで上げていこうかと思っていたのですが、早々に諦めましたw

さて発表された iPhone 6 ですが、みなさんの印象はどうでしょうか。性能的にはカメラとバッテリーの持ちという意味では 6 Plus の方が高くなりますが、本体サイズは従来機と比べてかなり大きくなりそうです。

この点に不満が無い方、もしくはむしろ液晶が大きくなることで歓迎されている方はとても魅力的な端末ではないかと思います。

ボク的には液晶サイズが大きくなることはあまり歓迎しておらず、なおかつデザイン的な切り口からもあまりそそられていないと言うのが正直なところです。

現在利用している iPhone 5 で何か不満があったり、それが 6 または 6 Plus で解消されるということであれば買い換えも検討するところですが、現状ではそういったニーズも無く、iPhone 5 に不満が出るのが先か、6 の一括0円が開始されるのが先かという状況にあり、やや冷静な視線で今回の製品は見ています。

Apple の公式サイトでは、より詳細な製品紹介ページが既に公開されています。興味のある方は是非ご覧になって下さい。

スポンサード リンク

コメントを残す

TOP↑