2013年1月13日

Google Chrome 24 の安定版がリリース、長く再起動してない人はチェックしておきましょう

スポンサード リンク

Running Chrome

おはようございます、 @Ebba_oBL です。

1月10日に Google Chrome の最新版、Chrome 24 が Windows , Mac , Linux 向けにリリースされています。

今回のバージョンアップで、パフォーマンスの改善や、セキュリティ関連の修正が主なアップデート内容となっているようです。

セキュリティ関連では24の脆弱性に対処したとのことです。

セキュリティ関連では、計24件の脆弱性に対処した。危険度はこのうち11件が、Googleの4段階評価で上から2番目に高い「High」にランク付けされている。

引用元:「Google Chrome 24」の安定版リリース 26%高速化、24の脆弱性に対処 – ITmedia ニュース

また、JavaScript の実行速度が改善されて、Google Chrome 15 と比較して 26.3% 高速化したとの事です。

なぜ15と比較なのかは良く分かりませんが、みなさんが直前まで利用している 23 と比較してもちょっとは高速化されていますよ。ただ、23と比較した場合に、体感できるほどの顕著な差は無いと思われます。

スポンサード リンク

今使ってるのが自動アップデートしてるか確認

現在ボクもメインブラウザとして Chrome を利用していますので、バージョンの確認をしてみました。

メニューバーから「Google Chrome について」をクリックします。

Chrome24 20130113 2013 01 13 0 17 39

Chrome24 20130113 2013 01 13 0 16 12

どうやら最新バージョンのダウンロードは完了しているようですが、アップデートを完了するには再起動が必要なようですね。

「再起動ボタン」をクリックして再起動しときました。

Chrome24 20130113 2013 01 13 0 16 58

というわけで、無事最新の24になりました。セキュリティとパフォーマンスの向上ということですから、早々に適用されていいのではないかと思います。

常にスリープで利用している Mac ユーザーは注意

ボクがそうなのですが、Mac 自体を毎日スリープして利用しているので、Mac はもちろん Chrome を再起動する機会もそうそうありません。

1月10日にリリースされているはずの最新バージョンですが、この通りボクは気づかずに放置していました。

Mac に限らず、スリープを利用している Windows ノートユーザーも該当するかと思います。Chrome のバージョンを確認して、まだアップデートされていない方は、再起動をしておきましょう。

それにしても、Chrome が「新しいバージョンにアップデートできます」ってポップアップでも上げてくれたら良いのに…。

スポンサード リンク

コメントを残す

TOP↑