2012年9月19日

一人動画撮影に重宝しそうな「撮影対象を追うカメラスタンド Swivl 」

スポンサード リンク

SwivlUpright

毎度です、 @Ebba_oBL です。

なんともパパラッチな感じのカメラスタンドが発表されています。

製品はスタンドとリモートマーカーと呼ばれるセンサー兼リモコンで構成されていて、だいたいの仕組みは皆さん察しが付くと思います。

このスタンドはリモートマーカーを追いかける事で、上に乗っかってるカメラの向きを変えるという仕組みになっています。

スタンドの仕様としては、写真にある iPhone(4以降)の他、三脚マウントがあるカメラで170g以下の物、厚さ11ミリ以下の Android 端末も搭載可能ということです。

iPhone 搭載時には少しメリットがあって、リモコンから撮影の操作ができたり、スタンドで充電もできるようです。

iPhone 5 の Lightning に対応するのかどうかは不明です。

価格は$159、来年初めの発売予定とのことです。

スポンサード リンク

動く撮影対象といえば

これを有効活用できそうななんだろうと考えて、一番に思いついたのは、飼っている犬や猫の首輪にぶら下げて撮影すれば、激しく荒ぶっていてもフレームから外れることなく撮影できる。というシチュエーション。

愛犬・愛猫動画のクオリティーが一段上がるかもしれません。

プロモーションムービー

これを見れば一目瞭然な感じもします。

ひょっとして…

リモートマーカーを右ひじ左ひじに付けておけば交互に…!!

いや、なんでもありませんw

オフィシャルサイト

Features « Swivl – Personal Cameraman for hands free video

スポンサード リンク

コメントを残す

TOP↑