2012年4月9日

何かをしながらタブレットやスマートフォンを操る

スポンサード リンク

@Ebba_oBLです。

世の中色んな調査が行われているもので、米調査会社ニールセンがこんな調査をしていました。

テレビを見ながらタブレットやスマートフォンを操る「ながら視聴」が一般的 – 欧米4ヶ国調査 – WirelessWire News(ワイヤレスワイヤーニュース)

テレビを見ながらと言う事での調査で、欧米では80%以上の人が「ながら視聴」をしているという事です。

自分がこのニュースを見た時の印象は「別に普通ではないのか」と思ってしまいましたし、現に8割以上の人がそうしているという結果が出ていることから、多数派意見なわけで特に来にする所ではないのですが、テレビ意外にも「ながら操作」は色々やってるなぁと思ったのでした。

外では「買い物しながら」、とか家では「寝ながら」、スマートフォンを手に入れたばかりの時は「仕事しながら」もありましたね。

微妙にいい感じに楽しいのが「用を足しながら」。その昔のお父さんたちは朝、新聞をもって用を足しに行く風景がテレビ的によく見られました。(実際の各家庭を見たわけではありません)

この「用を足しながら」というのがなんとも心地いいと感じているのですが、昔なにかで聞いた話で、これは人間の心理的な欲望の表れなのだそうです。

人間は「何かを排出する時、何かを取り込みたい」本能が働くそうです。このことから「用を足しながらタバコを吸いたくなる人」とか「用を足しながら本を読みたい」という行動が生まれるそうです。

そんなこんなで自分は「本能によってスマートフォンを操作しながらう◯こ」をしているようです。さすが21世と言わざるを得ません。

同じような事をしている皆さん、くれぐれもトイレにポチャンという事態だけはお気をつけ下さい。

スポンサード リンク

コメントを残す

TOP↑