2014年1月19日

デジタル一眼初心者が撮影の練習をしている様子

スポンサード リンク

Camera rensyu

何事も形から入るのが好きな @Ebba_oBL です。

先日、よくわからないながらにアレコレと検討し、ようやく Nikon D5200 を購入した記事を書きました。

ついにデジタル一眼デビュー!! Nikon D5200 を購入しました

どうせ撮るならウマくなりたいので、実際に何かを撮りに行く前にカメラの基本を学んだり、撮影の練習をしてみています。

スポンサード リンク

簡単・綺麗にとはいえ雑に撮ってもいいものは撮れない

一眼レフカメラとはいえ、ボクが購入したモノは入門クラスのもので、たくさん用意されたモードの中から「シーンに合ったモードに合わせれば綺麗に撮れる」なんて便利な機能も付いてます。

最初はコレで色んなモノを撮影してみて、いちいち「おおぉ!」とニヤけていましたが、このままでは「コンデジでよかったんじゃない?」と言うことになりかねません。

ここは色々と設定をコントロールしてみて「どんな感じで写真に変化が現れるのか」確認していくことにしました。

イキった小薮「バックぼかしたいな!」

アメトーークの「カメラかじってる芸人」の番組中で分かり易くカメラの仕組みを説明されていたコーナーがあったのですが、バックをぼかしたい場合は「絞り(F値)を小さくする」と座長が言ってました。

そして「コレがカメラの醍醐味です。存分にイキってください」と。

そんなわけで、ひとまずモードをA(絞り優先モード)にしてF値を限界まで小さくして撮影してみます。

で、撮影したものがコレ。

被写体のテキトー感がハンパありませんが、冬にカメラデビューした方は一度は撮ったことがあるのではないでしょうか。

あと、レンズキャップね。

実はコレ、撮影した直後にカメラの液晶で見たらめっちゃ綺麗に写ってるように見えたんです。

「すげー!ミカンが!すげーよ!ミカン!」

と、訳の分からない事を嫁に連呼してたのですが、パソコンに取り込んでみるとこの通り、ボケてます。俗に言う下手くそな写真です。

夜中に室内でフラッシュ無しという状況でしたが、照明が明かるかったので、自分としてはそこそこ明るいつもりでした。しかし撮影するにはまだまだ暗い状況だったのでしょうか。なんとなくシャッタースピードが遅かったような気はしていました。

今思えば ISO という数値をもっと上げていればもう少し手ブレは抑えられたのではないかと思ったりしています(見当違いかもしれませんが)が、改めてミカンを取るのもオモシロく無いのでコレについては別の被写体でリベンジしたいと思います。

覚えてろみかん!

昼間別のものでも練習

ベランダにあった「緑の何か」です。

カメラ買ってイキッたヤツがいかにも撮りそうなヤツですが、花が付いてません。ベランダにあったプランターを見渡しましたが、どれにも花が付いていなかったので今回のターゲットはコレにしました。

コレはレンズを一番広角(18mm)にして(って言うんですよね?)被写体に近づいて撮影。これまた絞り優先モードです。

多分これでは周りはあまりボケないだろうなーと、ちょっと知ったかぶりっぽく撮影したもの。

今度は焦点距離を55mmにして、少し離れた位置から構図が似たような感じになるように撮影。

うーん、予想ではフォーカスを合わせた中心あたりはクッキリ、それ以外はボンヤリってのを想像していたのですが端の方だけ「ちょっとだけボケてるかなー」くらいで予想とは違う感じ…。

うーん、難しい。というよりなんか色々違ってるのかな。多分「緑の何か」のせいではないと思うんですが。

これまでの課題は単焦点レンズで解消しそうですが

ボクの予想では単焦点のF値がすごく小さいレンズを買う事でこれらは簡単に実現するんじゃないかと思っていますが、今はとりあえず「標準レンズで一眼っぽい写真を撮りたい」と思っています。

もちろん単焦点に匹敵するモノなんて事は考えてないですよ。ちょっとソレに近いモノという意味で。

なかなか難しいです。

小薮に怒られる写真

なんかオモシロくなかったので空撮ってみました。

ナニゲにちょっと綺麗な感じがしましたが、多分誰が撮っても同じだと思います。

いや、むしろウマい人ならもっと一工夫するのかな。

きっと小薮座長が見たらボロカス言われます。

Pさん登場

いや、登場も何もカメラ買ってからというもの、Pさんには専属モデルとしてさんざん協力してもらってるんですけどね。

ていうか、Pさんの写真をたくさん綺麗に残したいというのもカメラ購入の動機の一つですので、練習っていうか本番なんですけどね。

躍動感あふれるPさんを撮影したかったのですが、テーブルの下に隠れて横になった時しかシャッターが切れませんでした。

手から伸びているのは嫁が操っているオモチャについているゴムヒモです。オモチャ操作用のスタッフまで動員したのに、何十枚も撮ってマトモなのはコレくらいでした。

コレも大きくしてみるとボケてるんですよねー。難しいわー。

じっとしてるところを狙う

男前と言いたいところですが、女の子です。

Pさんは iPhone もデジカメも嫌いな様子なのでなかなか自然な表情を写真に納められないのですが、数十枚撮影したうちの一枚が珍しくカメラ目線です。

この写真も絞り優先モード。この時はたしか ISO 感度をいじって撮影したと思います。なにを操作するにも数値の加減というものがまだ良く分かりませんので、テキトーです。

撮ってる最中はあまり気になりませんでしたが、こうしてみるとなんか暗いですね。

さらに撮影を続けていたらPさんもうんざりしたようで・・・

こんな様子に。でもボク的にはお気に入りの一枚。

ご覧の通りのド下手くそです

まだまだ勝手が分からなくて手探り状態です。ブログに掲載するのも恥ずかしい状況ですが、じたばたともがきながら撮影しているのがすごく楽しいです。

デジタルカメラなのでフィルム代を気にせずにガンガン練習できますが、フィルムカメラで腕を磨いた方は本当に凄いなと思いました。

これから自分がどれ程上達するかはわかりませんが、デキはともかく凄く楽しめています。

近いうちに時間を作って外でもっと色々撮影してみたいですね。

スポンサード リンク

コメントを残す

TOP↑