2013年10月24日

iPhone 5 付属の Lightningケーブル(充電・同期用ケーブル) が不良品だったので新品に交換してもらった

スポンサード リンク

Lightning koukan 20131024 0

毎度です、 @Ebba_oBL です。

iPhone 5s 発売を前に投げ売り状態になった iPhone 5 をようやく手にいれたボクですが、しばらく使っているうちにちょっとした異変に気づきました。

スポンサード リンク

Mac と接続しても同期を始めない

ボクの iPhone に付属してきた Lightning ケーブルは基本的に Mac に接続しているモニターに常時刺さっています。

iPhone の充電や同期を取る際にはここに iPhone を接続するという形が iPhone 4 の時代からの習慣。

最初は何も感じていなかったのですが、日を増すごとに自動的に同期が始まっていない事が増えてきました。

最初は挿し方が悪いのかとケーブルを抜き差ししてみると大丈夫だったかに思えたのですが、いよいよ全く反応しなくなりました。

幸いといいますか、iPad 用の Lightning ケーブルもあるのでこちらで差し替えてテストしてみると、どうやら原因はケーブルの不良であることが分かりました。

iPhone 本体の不良じゃなくてよかった。

そうと分かれば保証期間内に交換してもらおう

そもそも外観に特に損傷もない不良ケーブルがそうそう出回るものなのかという不安もあったのですが、ネットで検索してみると1年以内にトラブルが発生しているケーブルは少なからずありました。

だいたいの記事はこの記事のように、不良とわかるまでの経緯と交換手順について書かれていました。

交換手順は見たところ3種類

  • Apple Store 店頭で交換してもらう
  • オンラインで修理の依頼
  • 電話で修理の依頼

Apple Store 店頭というものに関してはアップル正規サービスプロバイダ(カメラのキタムラ)店頭も含みます。

店頭での交換は言わずもがなですが、オンラインでの交換修理依頼は以下のページから行えます。

アップル – サポート – オンライン修理サービスの概要

電話で修理の依頼をしました

今回ボクのケースでは電話にて修理の依頼をしました。

Apple の電話受付は サポートダイヤル 0120-27753-5 となっています。

なんだかハイフンの場所が変ですね。

後で知ったのですがコレ、27753 の部分が、iPhone のテンキーパッドをアルファベット入力にした時の A P P L E のキーにそれぞれ対応する数字なんですね。

Lightning koukan 20131024 5

最後に 5 が付く事さえ忘れなければ、0120-APPLE-5 と覚えておけばいつでもかけられます。

いつでもかけられる状況に追い込まれるのはゴメンですが。

電話で必要事項を伝える

電話では不良品の状態、自分で行った確認方法などを伝えた後、交換の段取りに入ります。

その際、名前、住所、電話番号、iPhone の IMEI を聞かれます。

IMEI は iPhone の 設定→一般→情報 で調べられますので、iPhone を使って電話する場合は先に控えておくといいでしょう。

Apple のオペレーターから

  • 3営業日程度でケーブルを届ける
  • 運送会社のドライバーに不良ケーブルを渡してくれ

といった旨を伝えられました。

あくまでも交換ということなので、この時、運送会社のドライバーに不良ケーブルを渡さないとケーブル料金を請求されることになります。

3営業日どころか翌日届いた

ボクが電話をしたのが火曜日、予定では金曜日あたりに届くのだと思っていたのですが、なんと翌日の水曜日には到着したようです。

「したようです」というのは当日受け取れなくて不在通知を確認したから。

というわけで、再配達してもらいました。

クロネコヤマトで到着

Lightning koukan 20131024 1

なんのことはない、ヤマト運輸のレターバッグですが、配達時同時引取のラベルが貼られていますね。

まぁ、割りとどうでもいい写真なので、早々にあけてみます。

Lightning koukan 20131024 3

紙袋 in 紙袋

Lightning koukan 20131024 2

and ご案内

特にコレといった注意点は無いですね、すでに配達員に不良ケーブルを渡した後ですし。

受け取った代替え品を使っても症状が改善しない場合は連絡をするよう書かれています。また、何も連絡しなければ修理完了ということのようです。

Lightning koukan 20131024 4

そして受け取った新しい Lightning ケーブル。

iPhone と Mac を接続し、同期や充電に問題がないことを確認しました。

見た感じ同梱されていたケーブルと太さや素材など、変化はないようです。特に対策品が送られてきた感はないですね。

交換対応してもらうのがとにかく楽です

不良品を正常なものに取り替えてもらうだけですので、特別 Apple の交換対応は素晴らしい!とまでは言うつもりはありませんが、電話一本で新しいのを送ってきて、こちらは返送するために梱包などする必要もないというは楽です。

この段取りはイイ対応だなぁと思わされる所では有りました。

近くに Apple Store などがあればそちらのほうが時間のロスがなくてイイですが、そうでなければさっさと電話(あるいはオンラインで手続き)して相談するのがいいですね。

購入から1年未満の方でケーブルの状態に疑問のある方はサポートに電話してみましょう。

スポンサード リンク

コメントを残す

TOP↑