2012年4月1日

Apple Magic Mouse のカーソル移動が遅いと感じている人が幸せになる方法

スポンサード リンク

2012 04 01 17 53 20

MacBook Airをクラムシェルモードで使いたいが為に用意したキーボードとマウス。実際にやってみたエントリーはこちらMacBook Air をクラムシェルモードで使うでご確認いただくとして、結論としてはクラムシェルよりも、デュアルディスプレイでやっていこうと言う運びになりました。

外付けキーボードとマウスの操作+手の届くところのトラックパッド環境で「これ最強!」と大満足なわけですが、実はMagicMouseのカウント(カーソルの移動スピード)がどうも遅い、と利用開始からずっと思っていました。勿論移動スピードは最も早い状態に設定しているのですが、それでも遅く感じます。

その為、初めて使ってる日なんかは握りが慣れないし、カーソルがなかなか目的の場所に届かないしで肩がメチャメチャこってしまいました。

時期に慣れるだろうとまる2日使ったのですが、ある程度は慣れてもやはり早いほうが好みなのでなんとかしたい!そんなこんなで解決方法を探してきました。

スポンサード リンク

設定用のフリーソフトをインストールする

まずこちらのサイトから MouseZoom というアプリをダウンロードします。Lion なので64bit版を落とします。

Ben Net – MouseZoom OS X Official Site

ファイルをマウントしMacBook Airの場合はIntel Macs(64 bit/10.6)の中の MouseZoom.prefPane をダブルクリックすると

スクリーンショット 2012 04 01 17 36 49

このようにインストールを求められますのでインストールします。

レッツ・スピードアップ!

スクリーンショット 2012 04 01 17 39 15

あとは見たままです。デフォルト(初期値)が1.7ということらしいので、スライダーを上げて行って、好みのスピードに調整します。自分はひとまず8くらいで様子を見ようと思います。

最初「これをやるとトラックパッドも早くなってしまうのでは」と思っていましたが、さすがですマウスとトラックパッドは個別に設定できるようです。

スクリーンショット 2012 04 01 17 39 22

以後、システム環境設定に MouseZoom のアイコンがありますので、再度調整したい場合はこちらから設定しなおします。

スクリーンショット 2012 04 01 17 39 41

通常のマウス設定画面

標準で備えられている通常のマウス設定画面を開いて、ゼスチャーやスクロールの設定を行う機会があるかもしれません。この場合カーソルの移動スピードは「こちらの設定優先」ということでデフォルトに戻されてしまいます。

通常のマウス設定画面を開いた場合は、MouseZoom の設定もやりなおす必要があります。

スクリーンショット 2012 04 01 17 40 57

これを書きながら今気が付きましたが、マウスの電池残量が表示されているんですね、今後の役に立ちそうです。

幸せになりましたか?

自分はカウントの早いWindows用のマウスをしばらく利用していたので、MagicMouseを利用した際のギャップが大きすぎて戸惑いましたが、このように早くしてみると「実はちょっとだけMagicMouseの遅いカウントに慣れていた」ようです。本当に人間って勝手なもんです。

兎にも角にも、これだけ調整幅が増えれば今後の利用スタイルに併せて変更していくのもいいかもしれません。MagicMouseが遅いとお嘆きの方、是非お試しあれ。

Apple Magic Mouse MB829J/A

新品価格
¥6,071から
(2012/4/1 18:29時点)

スポンサード リンク

コメントを残す

TOP↑