2013年9月17日

iPhone 5 Wi-Fi の掴みが悪い症状を確認したので対応してみた

スポンサード リンク

Home

毎度です、 @Ebba_oBL です。

iPhone 5 発売当初に「そういやこんな話あったなぁ」と思い出しましたが、Wi-Fi の掴みが悪いんです。

そんな話があった当時から既に1年近く経過しているわけなので解決策もすぐ出てくるだろうと検索してみたら案の定。

iPhone5でWiFiが繋がりにくくなった人!僕はネットワーク設定のリセットで直りました! | 男子ハック

さすが男子ハックさんやで。

スポンサード リンク

Wi-Fi の掴みが悪い症状を解消できるかもしれない方法

拝見した記事を見ると至って簡単。

ネットワークの設定をリセットしてみるというものです。

Iphone5 wifi 20130917

なるほど、旧機種で利用していたネットワークの設定が邪魔している可能性をつぶしてやろうと言う理屈かと思われます。

コレを行うと Wi-Fi ルーターに接続するためのパスワードも消えてしまいますので、再入力が必要。

これを行って丸一日くらい様子を見ていますが解消されたっぽい様子です。

処置を行う前は掴みにくい上に、切れやすいという症状も確認しましたが、それも無くなったと判断していいかと思います。

iPhone 5c/5s 購入時にも同様の症状が現れる可能性

iPhone 5c/5s の Wi-Fi の仕様は

802.11a/b/g/n

に対応しています。これは iPhone 5 と同様なので、5 から機種変更する方は問題ないと思われます。

ただ、ボクのように 4s 以前のモデルから移行した場合で、ルーターが 802.11a に対応している場合、ひょっとするとこのような症状が現れるかもしれません。(ルーター如何に関わらず現れる可能性も否定できません)

ほとんど同時にルーターも変更していたのでややこしかった

実を言うと最近ワケあってルーターを変更していたので、どっちに原因があるのか微妙に分かりづらかったのですが、双方の問題がありそうな点を修正して現在は特にストレスなく使えるようになりました。

困った時にネットに書かれている情報というのはホントに助かりますね。ボクもそういう記事を沢山書きたいと思いました。

スポンサード リンク

コメントを残す

TOP↑