2012年10月8日

Apple iPhone 5 の紫色のフレア現象について公式ページで説明 「通常の動作」

スポンサード リンク

PurpleHaze2012108

毎度です、 @Ebba_oBL です。

iPhone 5 のカメラ撮影で紫色のフレアが発生する現象がユーザーの間で確認されているようですが、これについて Apple が公式に解説しています。

これは全ての世代の iPhone を含む、ほとんどの小型カメラで起こりうる現象で、カメラモジュールの内部とカメラセンサ上の表面から反射を引き起こす角度に光源が位置した時に発生するものだとして、iPhone 5 の通常の動作結果だという事です。

これを回避するには、光源に対してカメラの角度を変えたり、レンズを手で覆う(いわゆるレンズフードの効果)などして抑える事ができると伝えています。

サファイアレンズカバーの仕様といった話かと思いましたが、そういうニュアンスでもなさそうですね。

iPhone 5 のカメラは画素数こそ 4S と同じですが、不十分な光量の暗所での撮影に強くなっていたり、接写のクオリティも上がっているようです。

iPhone 5 発売当初のカメラ撮影でこのような現象が「たまたま」話題になっただけで、iPhone 5 固有の不具合のようなニュアンスで話しが広まったような感じがしなくもないですね。

スポンサード リンク

コメントを残す

TOP↑